*

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

公開日: : プロ野球

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオールスターに出場している。そのオールスターが今年も開催される。

1981年

石毛氏がルーキーイヤーで出場したのは、1981年。この時のメンバーは以下の通り。

前年の1980年の王貞治、野村克也が引退し、この年のオールスターには石毛の他、原辰徳、落合博満が初出場をしている。プロ野球の時代が変わる年だったといえる。

 

1984年

1984年は江川卓の年だった。江川はこの年のオールスター第3戦に、2番手として4回から登板している。打順は阪急の盗塁王・福本豊から始まり、蓑田浩二、ブーマーを三者三振、続く5回は栗橋茂のあと、落合博満、石毛宏典からも三振を奪う。6回も伊東勤、クルーズから三振を奪い8者連続奪三振を記録、オールスターで9者連続奪三振大記録達成まであとひとりと迫ったが、9番目の打者・大石大二郎にセカンドゴロを打たれ大記録とはならなかった。

その時のオールスターのメンバーはこちら。

 

1987年

1987年、横浜スタジアムで行われた第2戦で、石毛は第1戦に続くホームランを放った。この2ランホームランで初のオールスターMVPを獲得した。

 

1994年

石毛はこの年のオフにFAで福岡ダイエーへ移籍し、オールスターの出場はこの年が最後となる。この年には、イチロー、松井秀喜、伊良部秀輝などがオールスターに初出場し、プロ野球の時代が変わる年となった。

 

2016年オールスター

今年のオールスターメンバーはこちら。今年は19人が初出場となる。この中でこれからオールスターに出続けるスター選手にが登場することを期待したい。

関連記事

a1180_001266

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

notes

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

石毛宏典

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

a0001_009104

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

miyazaki

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

挫折と栄光

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

記者会見

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

a0001_009104

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑