*

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

公開日: : プロ野球

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武ライオンズの石毛宏典氏は、西武はこれから上がっていくと話した。

石毛氏が話す

石毛宏典氏は今年開幕前よりソフトバンクと西武を優勝候補に挙げていた。そしてふたを開いてみるとソフトバンクは快調に優勝に向けてひた走る中で西武は出だしに躓き、現在もBクラスに甘んじている。それでも石毛氏は西武はこれから上がってくると話す。

西武の課題は最初から明らかだった。ショートとライトだった。開幕からすぐの主なレギュラーを見ると

1番 センター 秋山翔吾
2番 レフト  栗山巧
3番 ファースト メヒア
4番 サード 中村剛也
5番 セカンド 浅村栄斗
6番 ライト  坂田遼
7番 指名打者 
8番 キャッチャー 炭谷銀仁朗
9番 ショート 金子侑司 

という物だった。この時の状態を石毛氏は「中軸もメヒア、浅村、栗山等の打順が入れ替わったり、ショートを金子にやらせたもののスローイングに難点があり、渡辺や木村などを使っていた。ライトも坂田や森、木村などを使っていたがうまく固定できなかった」と話す。

しかし、5月中旬から状況が変わったと話す。「鬼崎裕司がショートでハマった」と話した。安定した守備を見せショートの課題がうまった事で、チーム全体の守備のリズムが出た。また「ファーストに体の大きなメヒアを固定したことで、内野手もスローイングに余裕がでた」と話した。そしてショートでプレッシャーを受けていた金子は元々打撃があり、ライトを守る事で気楽に打てるようになった。

メンバーを固定できれば西武はソフトバンクにも負けないと石毛氏は話した。

森友哉の扱い

しかし石毛氏は新たな課題も指摘している。森友哉の扱いである。

交流戦に入りDH制があったり無かったする中で森をライトで使い始めた。たしかに打席での迫力があり、長打力も期待できるのだが、「これによりレギュラー陣が理解し始めていた自分の役割というものが、またずれてこないか心配をしている」と石毛氏は指摘する。

森友哉選手については、昨日の株主総会で「捕手として育てるべき」という意見が出たというが、石毛氏も「1軍は炭谷がマスクをかぶり続ける事で更に安定してくる。レギュラー陣が固まってきたこの時こそ、森は2軍でじっくりと捕手をやらせるべき」と話す。

 

レギュラーが固定するまで時間がかかってしまったが、このメンバーを固定して戦う事ができれば、最後は西武は上の方にいくと石毛氏は話した。中村剛也選手がケガで離脱するなどまだ予想できないことはたくさんあるが、西武が上位争いに絡んでいくだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

記者会見

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

FA移籍

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

野球キャンプイン

球春到来!プロ野球キャンプの見方

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームな

記事を読む

yokohama

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

110108_primary_800

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

IMG_6039

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

batter

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑