*

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

公開日: : プロ野球

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武ライオンズの石毛宏典氏は、西武はこれから上がっていくと話した。

石毛氏が話す

石毛宏典氏は今年開幕前よりソフトバンクと西武を優勝候補に挙げていた。そしてふたを開いてみるとソフトバンクは快調に優勝に向けてひた走る中で西武は出だしに躓き、現在もBクラスに甘んじている。それでも石毛氏は西武はこれから上がってくると話す。

西武の課題は最初から明らかだった。ショートとライトだった。開幕からすぐの主なレギュラーを見ると

1番 センター 秋山翔吾
2番 レフト  栗山巧
3番 ファースト メヒア
4番 サード 中村剛也
5番 セカンド 浅村栄斗
6番 ライト  坂田遼
7番 指名打者 
8番 キャッチャー 炭谷銀仁朗
9番 ショート 金子侑司 

という物だった。この時の状態を石毛氏は「中軸もメヒア、浅村、栗山等の打順が入れ替わったり、ショートを金子にやらせたもののスローイングに難点があり、渡辺や木村などを使っていた。ライトも坂田や森、木村などを使っていたがうまく固定できなかった」と話す。

しかし、5月中旬から状況が変わったと話す。「鬼崎裕司がショートでハマった」と話した。安定した守備を見せショートの課題がうまった事で、チーム全体の守備のリズムが出た。また「ファーストに体の大きなメヒアを固定したことで、内野手もスローイングに余裕がでた」と話した。そしてショートでプレッシャーを受けていた金子は元々打撃があり、ライトを守る事で気楽に打てるようになった。

メンバーを固定できれば西武はソフトバンクにも負けないと石毛氏は話した。

森友哉の扱い

しかし石毛氏は新たな課題も指摘している。森友哉の扱いである。

交流戦に入りDH制があったり無かったする中で森をライトで使い始めた。たしかに打席での迫力があり、長打力も期待できるのだが、「これによりレギュラー陣が理解し始めていた自分の役割というものが、またずれてこないか心配をしている」と石毛氏は指摘する。

森友哉選手については、昨日の株主総会で「捕手として育てるべき」という意見が出たというが、石毛氏も「1軍は炭谷がマスクをかぶり続ける事で更に安定してくる。レギュラー陣が固まってきたこの時こそ、森は2軍でじっくりと捕手をやらせるべき」と話す。

 

レギュラーが固定するまで時間がかかってしまったが、このメンバーを固定して戦う事ができれば、最後は西武は上の方にいくと石毛氏は話した。中村剛也選手がケガで離脱するなどまだ予想できないことはたくさんあるが、西武が上位争いに絡んでいくだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

a0001_009104

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

8

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

日本列島

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

yamazaki,_at_Yokohama_Stadium

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

nagoya

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

IMG_6039

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

draft_box

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑