*

日本人と野球と感謝

公開日: : 最終更新日:2016/05/13 少年野球指導

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと思います。台湾のプロ野球で始球式を行った稲村亜美さんが、投球後にマウンドを手で均している姿が移り、104キロを記録した投球と合わせて、素晴らしい方だと感じさせます。

まずは稲村亜美さんの投球とその後の映像を。

Youtube   稻村亞美開球 飆出104公里   台湾・中央通信社

 

グランドへの感謝はもちろんだが、これから試合で投げる投手への配慮という事でしょう。野球を尊敬している、そして主役である選手を尊敬している気持ちがはっきりとわかります。

話しは大きく変わりますが、「もったいない」という言葉が世界でも取り上げられるように、日本人の物への精神は素晴らしいものがあります。

収納の方法の著書が欧米でベストセラーになった近藤麻理恵さんも、物を収納する方法を直観するには、「物への感謝」が基本になっているといいます。

また日本は、ものづくり、によって自動車や家電、デジタル製品などが世界中で使用されています。これも「もの」へのこだわりや執着、良いものにしようという想いの結晶なのでしょう。

言い方はあまりよくないかもしれませんが、物や人に感謝の気持ちを常に持つ事がその人に成功をもたらす、という事になるかもしれません。

野球に話を戻します。プロ野球選手の言葉や一つ一つのプレーを見ていると、一つ一つに高いこだわりを持っているのがわかります。また道具にも妥協を許さないこだわりがあり、そしてそのこだわりの理由を、自分の言葉で説明することができます。一つ一つのこだわりがその人をプロ野球選手にしたとのだと深く感じます。

そしてその強いこだわりを持つ事こそ、物やプレーへの強い思いで、その想いがあると自然と感謝の気持ちが出てくるのでしょう。自分と野球が対等な関係にあるのだと思います。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑