*

ドラフト候補の勝負の季節

公開日: : アマチュア野球

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に複数のスカウトにチェックをされ、プロへの扉に近づく事になる。

高校、大学、社会人のモチベーション

センバツ高校野球大会が終わり、プロ野球でも新しいシーズンがスタートした。そしてこの気候の良い季節は、高校野球、大学野球、社会人野球にとっても、大会を開くのに良い季節であり、全国各地で一斉に大会が始まる。昨年獲得をした選手に張り付いていたスカウトや、甲子園に集結していたスカウトたちが、一斉に全国へ散らばる。

高校野球は春季大会、県の地区大会、県大会、そして地方大会が行われる。夏のシード権が決まるものの、この勝敗によって直接甲子園につながるというものではなく前哨戦という雰囲気もある。しかし、一冬を越えて選手の成長を確かめたり、入学してきた新戦力を試したり、夏に向けたチーム作りにおいてとても大切な大会である。

それに比べると、大学野球は本番そのものとなる。大学生の全国大会である全日本大学野球選手権の出場に向けて、まずはリーグ戦を優勝しなければならない。そしてプロを目指す選手にとっても、この春にアピールできなければ、プロへの扉は遠くなる。ドラフトの前には秋季リーグがあるものの、その時期にはプロは既に選手の絞り込みをしてしまっている。

社会人も秋の日本選手権を目指す大会が各地で行われる。その大会で優勝すれば日本選手権への出場を決める事になるが、各チームとも早めに日本選手権の出場を決めて、社会人の華である都市対抗へ向け、できればチームの戦力を試したいと考えている。

アピールできるか

それぞれ、今の季節の大会へのモチベーションは様々だが、プロを目指す選手にとっては、この季節は非常に大切だ。基本的にプロ球団は、この季節にリストアップをした後、6月くらいから始まる大学野球選手権都市対抗、そして高校野球の夏の大会前には選手の絞り込みを開始する。まずはリストアップされなければ、扉が閉ざされる。一度スカウトに見に来させる、そういうプレーをしなければならない。

高校を始め大学のチームも地方から逸材が出てくる事が多くなったと思う。スカウトもその逸材を見に各地に足を運ぶ。しかし、地方のチームにはやはり何度も足を運ぶ事は難しい。東京六大学や東都リーグのように毎試合必ずどこかのスカウトがいるような事にはならない。その数少ないチャンスでいかにアピールできるか、これは現在行われている水泳のオリンピック出場争いのように、一発勝負に近いものがある。

今年はどんな選手がそのチャンスをつかみ、スカウトやマスコミに名前が挙げられ、そしてプロへの扉に近づいていくのだろうか。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

birthday

今年のドラフト候補、生まれた年は何があったのか

2016年の主なドラフト候補、大学生の候補は満22歳(1994年4月~1995年3月生まれ)、高校生

記事を読む

バッターボックス

タイブレーク方式に海外とズレ、野球の個人記録への対応

 高校野球連盟が来年の春季地区大会に一律でタイブレークを導入することを決定した。今後、何回からタイブ

記事を読む

新芽

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として

記事を読む

yakyu

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む

IMG_6039

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

STEPUP

球春到来、プロ野球、社会人野球、大学野球、そして高校野球

 プロ野球のオープン戦が2月21日の土曜日に5試合予定されている。それとは別に昨日は北海道日本ハムと

記事を読む

jingu

明治神宮に集う、来年のドラフト注目候補たち

明日13日より、高校野球、大学野球の明治神宮大会が開幕する。高校生は既に3年生は引退しているため、1

記事を読む

notes

日本では特殊!?大学生即戦力

 日本では野球においては、大学生は「即戦力」と呼ばれる。しかし、私も含めて企業にビジネスマンとして入

記事を読む

508287p8i5842of

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む

sougankyou

今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑