*

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

公開日: : プロ野球

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは、強力な打撃陣と豪華投手陣だった。この時の西武の打者が、この西武の投手陣と対戦したらどうなったのだろう。まさに矛・盾の話しになるが、トップバッターやクリンナップを打った石毛宏典氏に話を聞いた。

豪華投手陣

まず、西武の投手陣を見てもらう。年は一緒ではないが最も良い成績を残したと思われるものを載せている。

工藤公康  16勝3敗 防御率2.82 151奪三振  1991年

渡辺久信 16勝6敗 防御率2.87 178奪三振  1986年

郭泰源  15勝6敗  防御率2.59 108奪三振 1991年

石井丈裕 15勝3敗  防御率1.94 123奪三振 1992年

渡辺智男 11勝6敗  防御率2.35 119奪三振 1991年

潮崎哲也  6勝3敗 防御率1.18 64奪三振  1993年(リリーフ)

それぞれが140キロ後半の速球を投げ、特徴のある変化球を持ち、完投能力の十分ある先発と、絶対的なリリーフがそろっている。この投手陣を相手にしたら、相手チームは3連戦の前から覚悟をしなければならないだろう。

石毛氏も他球団の選手などから「西武との対戦では打率が1部は違う」と言われていたという。

西武打撃陣はこの投手陣を打ち崩せるか

この中で最も打てそうにない投手について石毛氏に聞いてみると、潮崎哲也投手の名前が挙がった。潮崎投手はサイドハンドからの大きくて鋭い曲がるのシンカーが特徴だが、「球速も横から140キロ後半が出ていて、打てそうになかった」と話す。まさに絶対的なリリーフだった。

先発について聞いてみると、「この中でエースといえるのはやはり久信」と話した。渡辺久信投手は通算125勝110敗、良い年は上記のように16勝、18勝などを挙げているが敗戦の数も比較的多かったが、石毛氏は「勝手も負けても同じ精神状態で常に投げられる。ローテーションを1年間守っていける投手だった」と話した。

逆に郭投手は117勝68敗と勝率は高いが、「少しでも気になるところがあると『ここが痛い』と言って投げなかった」という。逆にそれによって長い年数を投げることができたのかもしれないが。

また渡辺智男投手も豪快な腕の振りから150キロの速球を投げていた。良い時は手が出ない投手だと石毛氏も話す。しかし、「かなりの神経質、故障した後に痛みがなくなっていても、怖がっていた」と話し、これについてコーチだった日野茂氏も「故障した長くかかる投手だった」と話す。渡辺投手は45勝40敗という通算成績だった。

そして左のエースで現ソフトバンクホークスの工藤公康投手に聞いてみると石毛氏は「いやな投手ではない。スライダーもあるがこの中では比較的対戦しやすい投手だと思う」と話した。通算224勝142敗を記録しているレジェンドは、のちに福岡ダイエーに移籍し西武打線と対戦するのだが、もしこの時の西武打線を相手に投げていたら、どんな成績を残していただろう。

 

実はこの投手陣の他にも、控え投手で良い投手がたくさんいた。しかしこの投手陣の前に1軍で投げる機会は少なく、他球団に移籍してから結果を残す投手もいた。それについては後日紹介します。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

draft_box

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

石毛宏典

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

kousyou

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

バッターボックス

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

石毛宏典

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

kyujyou2

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

sendai

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑