*

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

公開日: : 高校野球

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。

意外な選考

今年のセンバツ出場校の選考が困難なものになることは、難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考で書いたが、32校の出場校が決まり、意外な選考となった。

東北、北信越、関東・東京

東北は秋季大会で青森山田と八戸学院光星が決勝に進出、同じ県からの2校の出場となるか、地域性を考え、青森山田に敗れた盛岡大付かと考えられが、地域性よりも実力を考慮し、青森山田と八戸学院光星が選出された。そして補欠校にはベスト4のチームではなく、ベスト8で敗れた仙台育英が先に呼ばれた。

北信越も敦賀気比と福井工大福井の福井勢が2強となったが、こちらもそのまま選出された。

この点については、近年は実力を評価する傾向があり予想通りとも言えるが、東北の補欠校は意外なものだった。

また関東は予想通り関東大会ベスト8の花咲徳栄が選出された。二松学舎大付は昨年は同じように準優勝の立場で選出されたが、2年連続とはならなかった。

 

近畿、中国・四国

意外だったのは近畿、ベスト4の大阪桐蔭、滋賀学園、龍谷大平安、明石商と、ベスト8で大阪桐蔭に敗れた智弁学園は順当に選ばれたが、6校目には市立和歌山が選出された。市立和歌山は準々決勝で明石商に0-7で敗れている。一方、候補と見られた報徳学園は、準優勝の滋賀学園に0-1と接戦で敗れていた。

和歌山県では決勝で14-2と圧勝し1位で近畿大会に出場したことが、兵庫2位で出場した報徳学園との差となったようだ。また兵庫は明石商が出場するため、地域性という事も考慮されたとみられる。

次に中国・四国は、中国の創志学園と南陽工業、四国の高松商、明徳義塾は順当に選出された。しかし四国3校目には明治神宮大会で全国制覇をした高松商に5-6で敗れた済美高校ではなく、明徳義塾に3-4で敗れた土佐高校が選ばれた。共に県大会では3位での出場、力としても互角に見える両チームで、それならばチャンピオンの高松商と接戦を演じた済美が有利と見られていた。

選考理由の後で選考委員長よりチーム名は明かさなかったものの、「セカンドランナーが不審な動きを見せた事」を強く指摘されていた。詳細は分からないものの選考されなかったチームへの指摘と見られ、委員長は「高校野球は教育の一貫であり、あるまじき行為」と話した。

それもあるのだろうか、中国・四国の6校目は島根の開星が選出された。

 

21世紀枠の影響は?

北海道、東海、九州は順当に決まり、21世紀枠は岩手の釜石高校、兵庫の長田高校、香川の小豆島高校が選出された。釜石高校と長田高校が選出されたことで、岩手の盛岡大付や兵庫の報徳学園が後ろに回った可能性もあるかもしれない。また小豆島高校の選出により、中国・四国は3校づつとなったことも考えられる。

波乱の選考だったが、理由はしっかりとしているようだ。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

Koushien

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

Koushien

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

syukuya

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップを

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

STEPUP

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野

記事を読む

Koushien

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島

記事を読む

Koushien

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

日野茂

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

→もっと見る

PAGE TOP ↑