*

石毛宏典、日野茂がショートについて語る

公開日: : プレー解説

現役時代、球界を代表する遊撃手だった元西武ライオンズの石毛宏典氏、中日ドラゴンズなどでショートを守り、その後、プロ野球のコーチとして内野の守備を教えていた日野茂氏に、ショートについて語ってもらった。

ショートとは

ショートに限らず内野手のゴロの守備は、打球を捕球し、それを送球しアウトを取る事にある。その中でショートというのは広い守備範囲と、ファーストへの距離が遠い事などが特徴といえるだろう。三遊間の抜けそうなあたりを捕球しファーストへスローイングしてアウトにするプレーは、野球の一つの華だと個人的に思う。

高校生や大学生で注目されるようなショートは、難しい球を捕球し、ファーストまでのスローイングを見せて、大きくアピールをする姿が見られる。プロ野球でもスター選手は、そういうプレーでファンを魅了させる。

広い守備範囲をカバーし遠投をするために、高い身体能力が必要なポジションだが、石毛氏、日野氏の話を聞くと、身体能力よりも「技術」が最も大切だと感じた。

 

ショートの守備のポイント

参考としてプレミア12でショートを守った巨人の坂本勇人選手の話をした。すると二人とも「スローイングが良くない」と指摘した。それは決して肩が悪いというわけではない。「捕球をした時の体勢」だという。

守備の動作としては、「捕球」→「体の中心に返す」→「スローイング」という流れになるが、坂本選手の場合、捕球をする位置、その後の返しの位置が良くなく肩が入ってしまうため、送球は体を強くひねって送球することになる。坂本選手の場合は体も強くそれで送球ができるが、正確な送球はいまいちだと二人は話した。

「1つのアウトを取るのか、送球が乱れてランナーをだしたり、悪送球でセカンドなどに進めるのでは大きく違ってしまう」と石毛氏は話し、「投げるために捕る」事で「強いボールを正確な位置に投げる事」が大切だと話した。また坂本選手について石毛氏は「宮本慎也に師事して教わっていた時はそれができていたが、また元に戻ってきた感じ」と分析をした。これは福岡ソフトバンクで同じくプレミア12でショートを守った今宮選手にも当てはまるという。

ショートとしてのポイントとして、日野氏はもう一つ挙げた。フットワークについてだった。「世の中でうまいと言われている選手は、常に動いている印象がある。大切なのは、動いて→止まって→動く」という動きだという。その「止まって」というのは「停止ではなく静止している状態」という事だ。捕球の時は大きく横に動いている必要はない。また全力で前にチャージする必要はないという。

少年野球などで「前に落とすのならOK」という指導がたまに聞かれるが、石毛氏は「落としてはダメ」と話す。捕球のためにフットワークを使うという事が大切だと語った。

日野氏は「身体能力のある選手が後ろの方を守り、前のゴロも三遊間の深いゴロにも追いつくことができた。しかしファーストに送球をして間に合わず内野安打になっていた。これはショートとして恥ずかしい事。セーフになったらレフト前ヒットと同じ」と話した。それならば「少し前に守って確実にアウトにする範囲を広げたほうがいい」と話した。

 

プロ野球で生き残るショートとは

昨年の12球団の遊撃手の一覧を見てもらったが、石毛氏も日野氏も、少年野球選手に手本にしてほしいと本当に思える選手はいないと話した。「もちろんソフトバンクの今宮なんかはうまいのだけど」と話した。これまで見た中でうまいと思った選手がいるかを聞くと石毛氏は、「よく挙がる小坂(元ロッテ)でもない。元中日の酒井忠晴はうまいと感じた」と話した。日野氏はメジャーリーガーの二塁手だが「カノの捕球の時に止まる形は良い」と話す。スローイングについては日本人に真似できないが、と付け加えた。

最後にプロ野球でショートで生き残るには、と聞いてみた。以前の野球ではショートは2番や下位打線で良かったが、現在の野球は1番から9番まで打つことが期待されてきている。石毛氏はショートとして活躍し続けてきたが、守備ももちろん毎年高い打率を記録し、ホームランも記録してきた。現在の野球でショートに求められるのは、「抜群の守備があるが2割前後の選手」か「守備はそこそこだが2割中盤から後半を残せる選手」かを聞いたところ、「守備機会は1試合で5回くらい。打席は1試合に4回くらい。これを各チームの監督がどう考えるか」という。

ただし「もちろん基本には、二三塁の打球を確実にアウトにしてくれる選手というのが前提」と石毛氏は話した。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

石毛宏典

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山

記事を読む

野球塾バッティング6

バッティング理論の説明の仕方

 バッティングの理論で、「上からたたく」「腰の回転で打つ」という言葉を耳にすることもあると思います。

記事を読む

プロ野球選手のミット

疑う事を知っている守備

メジャーリーグにおいてもゴールドグラブが発表された。日本のプロ野球において10度のゴールデングラブ賞

記事を読む

20160625

こういうプレーはプロ野球選手として恥ずかしい

6月25日の横浜DeNA-巨人の試合、2回裏に阿部選手が犯したエラーに、元プロ野球選手で中央大の先輩

記事を読む

3rd-play

プレー解説:ノーアウト2,3塁、内野ゴロでランナーはどうする?

 野球でプレーをしていて、難しいもののひとつにランナーの判断があります。プロ野球でもライナーの判断ミ

記事を読む

バッターボックス

消えるあいまいなプレーと審判の責任

 野球にかかわらず、柔道やレスリングなどでビデオ判定が導入されるなど、これまで審判によって判断されて

記事を読む

3rd-play

プレー解説:瞬時の判断と自然に動く体

元プロ野球ヘッドコーチの日野氏とYoutubeの佐野日大の田嶋大樹投手の動画見ていた時、田嶋投手の投

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球のコーチはこういうプレーを見逃さない!

 日野茂氏は中日ドラゴンズや西武ライオンズで内野手としてプレーし、その後、西武ライオンズや横浜ベイス

記事を読む

sendai

トリプルプレーのパターンを検証する

4月22日の福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの試合でトリプルプレーが記録された。またニューヨークヤン

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑