*

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

公開日: : プロ野球

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

野球は楽しかったですか?

石毛宏典氏、日野茂氏と、とある事からゴルフの話をしていた時、率直に「ゴルフと野球はどっちが楽しいですか?」と聞いてみた。すると、二人は「ゴルフの方が楽しい」と即座に答えた。

石毛氏は「そりゃゴルフの方が楽しいよ」と話し、日野氏も「ゴルフは解放感が気持ちいい」と話した。我々素人は、草野球をたまにやると、最初のキャッチボールだけでも十分楽しいのだが・・・。

そしてまた率直に「野球はいつまでが楽しかったですか」と聞くと、石毛氏は「最初から楽しくないよ~」と笑いながら話した。走ったり叱られたりしながら、中学、高校、大学と野球を続け、そしてプロ入りしてからは「仕事」としてプレッシャーと戦いながらプレーしていた。

楽しかった時があるかを聞いたところ、

石毛:「日本シリーズで優勝して・・・」

編集:「優勝して?」

石毛:「明日から休めると思った時!」

と話した。やはりプロ野球選手にとってプロ野球は仕事だ。一球一球が給料になってくる。

 

プロ野球の開幕はガチガチ

日野氏はプロ野球の開幕試合についての経験を話す。「最初に守備に着くときなんかは、体がフワフワして、来るな、来るなって思うよ」と話した。そして最初のフライの捕球も「追いかけて構えて、球がドスーンって入ってくる。距離感がまだつかめていないんだ」と話す。

石毛氏も開幕の緊張は「怖くて仕方ない」と話す。それについて日野氏は「開幕が怖いと思わない選手は、大した選手にならない」と話した。

それでも、最後に二人は「でも、開幕はもう一度やってみたい」と話した。「あの緊張感は味わえない」と話す。

野球は楽しくない、怖いと話しながらも少年時代から野球を続け、二人は今でも野球を教えている。

やっぱり野球が好きなんだ、と感じた。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

yamazaki,_at_Yokohama_Stadium

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

記者会見

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

yokohama

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

STEPUP

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

fukuoka

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

draft_box

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

STEPUP

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

fukuoka

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑