*

野球練習の工夫

公開日: : 少年野球指導

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を判断して動かなければならなかったりするため、基本のプレーやアクションを繰り返し行い体にしみこませおく必要がある。それは単調な作業だ。

ウォーミングアップ

野球塾などで元プロ野球選手の元で行われる練習は、ウォーミングアップなども毎週同じ動きやメニューではない。先日は前転、開脚前転、側転、後転といった体操に関した動きを取り入れたウォーミングアップのメニューだった。しかし、これらの動きをやった事のない選手もいるのだろう。後転や側転などの苦労をしている様子がうかがえた。

他にも下半身を重点的に鍛えるような物や、みんなから笑い声が出るような楽しいアクションのものなど、いろいろレパートリーがある。これは、単調な練習を少しでも楽しくし、リラックスして行うという事もある。しかし一番感じたのは初めて見た動きに出くわした時、それを理解して同じ動きができるかどうかという事を感じた。

ある選手はコーチが見せた見本とは似ても似つかない動きを見せている。ある選手は最初は違う動きだったが、途中からだんだんとその動きができるようになる。ある選手はすぐにその動きを理解し、繰り返すうちにコツも理解してスムーズに動いていた。これは運動神経というものかもしれないが、頭で動きを理解する力を養っているのだと思う。

元プロ野球の日野茂氏は少年時代に、近くにあった大学の体育館に行き、トランポリンなどで遊んでいたという。それをやる事で体の軸を意識した動きができるようになったと話す。また、石毛宏典氏も家の手伝いで床を磨いたりしながら、いろんな動きがあるんだなと感じたという。「こう動くにはこうすればいい」。

人の動きを見ただけでは、それを自分でやってみようとするとなかなか難しい。それをすぐに理解して動けるようになれば、将来野球で使える力になる。または、いまその動きを経験していれば、将来その動きを使える。例えば後転ができない選手が今のうちに後転ができるようになっていれば、野球のプレーで後転の動きが必要になった時にできるようになる。

小さいうちにいろいろな動きを体に覚えさせておくことは大切なのだろう。そして体を動かす中で、軸の存在に気が付いたりすると、飛躍のきっかけになるかもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部・柄井)

関連記事

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑