*

野球は技術!

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 少年野球指導

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野球の技術を選手に伝え、野村監督は人間としての成長を促すために様々な言葉を伝えた。森監督は試合の動きを読み選手を起用していた。その中で石毛氏は「野球は技術が第一」と話した。

職人の集まり

確かに野球もスポーツである。そのためには身体能力が高く、パワーがある選手の方が良い。しかしそれだけでは活躍をするのは難しい。例えば160キロの球を投げても、ストレートだけでは打たれるし、150m弾を放つ力があっても、当たらなければ何にもならない。しかし野球は、たとえ130キロ台しか球速が出なくてもコントロールや変化球で活躍する投手がおり、巧みな打撃や足、守備で活躍をする選手がいる。技術が第一だと石毛氏は話す。

「プロ野球に入ってくるのは基本的に職人」と野球の技術について蓄積されたもの、または自分で見出したものなど技術の塊となって、選手はプロ野球に入ってくるという。

 

技術の種類もたくさんある

野球ではキャッチボールが基本となり、球を投げるための基本、また打つための基本、内野でゴロを捕るための基本の技術がある。それはプロ野球選手になり、他の選手と並ぶための技術で言わばベースとなる。またそれは故障のしにくい形でもあり、選手自身をケガから守るものだ。

そしてその上に、各選手が培ってきた力や感覚といったものにフィットさせ、または他の選手のフォームやプレーをマネして自分のものにする。それが応用という事になるのだろうが、あくまでそれは基本を自分に取り入れたもので、全員に共通するものではないようだ。

そして最後に、例えば広岡監督が伝えていた「負けない野球」をするための方法であったり、野村監督のような人間として成長する言葉(技術といえる)が加わって一流の選手となる。

野球は技術!

(記事:Professional-view Baseball 編集部・柄井)

関連記事

野球塾指導1

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球塾キャッチボール2

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

新芽

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

野球塾キャッチボール1

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

kyujyou3

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

mound

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

石毛宏典

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む

野球塾キャッチボール2

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

野球塾バッティング4

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑