*

2016年の日本の野球は?

公開日: : 侍ジャパン

2016年の日本の野球について、国際大会の動きなどを中心に紹介する。

高校野球

高校野球は国内の全国大会は3月20日開幕のセンバツ高校野球大会から始まる。1月29日には出場32校が決定し、3月11日に組み合わせが決定する。

夏の甲子園大会の日程はまだ決定していない。今年開催されるリオデジャネイロオリンピックが8月5日から21日となっており日程がちょうど重なってしまう。時間帯は重ならないもののNHKの放映も含めて日程が少し変わる可能性もある。

昨年はU18Wカップが日本で開催されたが、今年はW杯の予定がない。またW杯の無い時に行われていたBFA18Uアジア選手権も今のところ予定が無いようで、今年は侍ジャパンU18代表の結成の予定はなく、高校日本代表を期待していた選手は残念だろう。ただし侍ジャパン発足後は必ず代表チームを結成しているので、台湾との交流試合などを行うかもしれない。

 

大学野球

大学野球は第65回全日本大学野球選手権が6月6日から7日間の日程で行われる。明治神宮大会についてはまだ細かい日程は発表されていない。

国際大会では今年は日本で日米大学野球選手権が行われる。日程は以下の通り。

第1戦:7月12日(火)18:00 ハードオフエコスタジアム新潟
第2戦:7月13日(水)18:00 ハードオフエコスタジアム新潟
第3戦:7月15日(金)18:00 明治神宮球場(東京)
第4戦:7月16日(土)19:00 草薙球場(静岡)
第5戦:7月17日(日)18:00 草薙球場(静岡) 

これに伴い、6月17日から19日までバッティングパレス相石スタジアムひらつかで選考合宿が行われ、7月6日~11日までは平塚のほか新潟で直前合宿が行われる。

また、7月にオランダで行われるハーレムベースボールウイークには、日米大学野球と日程が重なるため、東京六大学選抜が出場するようだ。東京六大学代表は秋にも東京ヤクルトと記念試合が行われる可能性があり、特に注目される。

 

社会人野球

国内大会では第87回都市対抗野球が7月15日から12日間、第42回社会人野球日本選手権が10月29日から11日間で開催される。

社会人代表では2015年にアジア選手権が開催されており、2016年の代表戦はないが、U21ワールドカップがメキシコで予定されており(日程は未定)、プロの若手と社会人と大学の若手が混成チームで参加するかもしれない。ただし治安の問題もあり、参加するかどうかは分からない。

 

プロ野球

プロ野球はセリーグ・パリーグとも3月25日に開幕し、日本シリーズが10月22日からの開催となる。

侍ジャパントップチームは昨年プレミア12を戦い今年は国際大会は無いが、来年のWBCに向けて、3月5日、6日に台湾と強化試合を行い、秋にも強化試合が予定されている。この試合でWBCの代表メンバーが決定することになり、JAPANのユニフォームを着たい選手にとって重要な試合となる。

 

その他

今年はU15ワールドカップが7月29日から8月7日まで、福島県いわき市で開催される。また女子野球は韓国でWカップが行われる。

 

昨年はユニバーシアード、U18ワールドカップ、プレミア12が開催され、テレビの地上波でも中継されるなど注目された。今年は日米大学野球、U15、女子の戦いに注目したい。そして来年春に行われるWBCに向けて、トップチームのさらなる戦力アップにも期待したい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

東京オリンピックまであと5年、野球の国際化も加速

 2015年を迎え、東京オリンピックまであと5年という事になった。東京オリンピックでの野球・ソフトボ

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロ

記事を読む

U18に見た野球の応援

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現

記事を読む

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や

記事を読む

次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だったように思えるが、様々な変化が侍

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑