*

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

公開日: : プロ野球

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監督の手腕を見てきた。また、日野茂氏もコーチとしてこの3氏の他に、横浜ベイスターズ2軍監督時代に権藤博監督の手腕も見ている。プロ野球の名将とはいったいどういう人物なのかを聞いた。

石毛宏典、日野茂が名将について話す

根本監督

根本監督はクラウンライターから西武に変わる時に監督を務めたとフロントとして黄金時代を作り、また、福岡ダイエーやソフトバンクでもフロントとして現在の強豪チームの礎を築いた。根本監督について二人は、「法律に触れないことならなんでもやれー」という監督だったという。当時はプロ野球選手が夜に自由に飲み歩き、酒のにおいをさせて試合に出場しても結果を残せばいいという時代で、獲得したベテランの大物選手を自由にプレーさせるスタイルだったようだ。

ただし当時、管理されていた巨人の野球について「凄い野球をやっている。あのチームには勝てない」と羨ましがっていたと石毛氏は話す。

広岡監督

その後に就任したのが広岡監督、管理野球で西武の黄金時代を築いた。広岡監督はとにかく「野球の技術」を選手に教え、石毛氏も基本を教わったという。ミーティングでは「負けない野球」のための掟を作り、毎日のようにミーティングで選手に暗唱させていた。石毛氏は「そのうち勝手に口から出るようになり、プレーでも一瞬の判断でそれが生かされた」と話す。

選手に技術や野球を教え伝承する、野球職人だったようだ。

森監督

西武の黄金時代で指揮を執ったのが森監督、10年間で8度の優勝を達成している。二人は森監督について「技術などを教える事はなかった」と話す。秋山、清原、田辺、辻、投手でも東尾、工藤、渡辺久、渡辺智、石井、潮崎といった選手がおり、戦力的には他球団を圧倒していたが、監督と選手はあまり関わりが無かったとも話した。それでも采配については「投手の交代のタイミングは抜群のものがあった」という。

前に出てこない性格でチームを盛り上げたりという事もしないが、マスコミを通して選手に厳しいコメントをしたりと、選手としては森監督なにくそ!という感じで戦っていたようだ。

 

その他の監督

権藤監督は選手にチャレンジをさせる監督で、ルーキーの金城選手を2軍から起用し首位打者で新人王を達成させたり、選手の正確を見て自由にプレーさせた。

ヤクルトを強豪チームに育てた野村監督は、広岡監督と同じようにミーティングで選手に伝えているが、広岡監督が技術についてだったが野村監督は一般的に社会人として人間を育てる言葉を伝えていたという。

広島の名将・古葉監督については、とにかく怖い監督だったと話す。ベンチ裏では鉄拳も飛び、根性論でチームを強くしたようだ。

また名将として名高い三原監督については「言葉を使うのがうまい選手だったと聞いている」と話す。言葉のマジックで選手を巧みに載せ、最下位だったチームをいきなり優勝させる力を持っていたようだ。

 

名将となった監督について二人は、「ハングリーさがあった」と話す。それは三原監督は水原監督と比較され、野村監督は鶴岡監督や長嶋監督と比較される。広岡監督も川上監督と比較され、球界の盟主・巨人を率いた名将に「なんとか勝ちたい」という思いが強かったのではないかと分析する。

ひとえにプロ野球の監督といってもチームを強くする方法はそれぞれ、いろいろな思いがあり、方法があった。
これからもたくさん監督が誕生してくるだろうが、その監督はどんな方法でチームを強くするのだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部・柄井)

関連記事

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

福岡ソフトバンクの2015年のチーム構成

 昨年日本一となった福岡ソフトバンクは2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみ

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑