*

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

公開日: : プロ野球

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指していると報道がされている。果たしてその前田投手が活躍できるか、石毛宏典氏、日野茂氏に聞いた。

今のままでは通用しない

単刀直入に前田健太投手がメジャーリーグで活躍できるかを聞くと、驚くことにお二人から「今のままでは通用しない」という答えが返ってきた。

その理由としてロサンゼルス・ドジャースでコーチ留学をしていた石毛氏は、「マエケンのストレートは回転の良い球で伸びる球。球速も140キロ後半を投げられる。しかしアメリカのボールの質は悪く、回転の良い球を投げると強く握る事になり、そのためにヒジに負担がかかってしまう。」と、まずは前田投手の球質について話した。

メジャーリーグで使用されているボールはコスタリカで生産され、一球一球が形も違い、縫い目の山の高さもまちまちだという。「メジャーリーグの投手はそのボールに隠れて傷を付けたり、つばや汗をこすりつけ、指にかかりやすくしたり動くボールにしたり様々な事をしている」と石毛氏は話し、そのボールですべて良い回転で投げるのは非常に困難だという。

また投球内容についても、「マエケンが得意なのは外角の出し入れで、外角一辺倒でも日本では勝負できた。しかしMLBでは外は広いのでバッターも外を狙ってくる。インコースに投げ切れるかどうか」と、外の出し入れだけでなくインコースに投げられるかどうかというのは日野氏、前田投手の武器であるスライダーについても「あれだけ多彩な変化球があったダルビッシュ有投手でも、1年目は16勝9敗、2年目も13勝9敗、3年目は10勝7敗。岩隈投手はフォークボールが武器となった。体格も二人より小さくメジャーでは小さい投手になり、体力的にも心配」と話した。

前田健太投手は182cm81kg、MLBでは小柄な投手となる。

 

変わっていけるか

松坂大輔投手も日本では剛腕投手として活躍をしていたが、メジャーでは徐々に多彩な変化球を駆使する投手となった。また、ヒジや肩などの故障にも苦しんだ。

石毛氏も日野氏も厳しい指摘をしつつも、「どう変わっていけるか」に注目しているという。PL学園から広島カープに入り、今のきれいな回転のボールと外角の出し入れのピッチングを習得して日本を代表するエースとなった。メジャーではボールの質や相手打者のパワー、ストライクゾーン、そしてハードな試合スケジュールが待ち構えており、また1からピッチングスタイルを作り上げていくような覚悟が必要となる。

日野氏は「向こうの野球にどんな風に合わせることができるか」、投球スタイルをうまく変化できたときには、成績を残せるようになるかもしれないと話した。メジャーでの2年目、3年目に前田投手がどんな投球を見せるのか注目したい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部・柄井)

関連記事

石毛宏典

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

バッターボックス

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

IMG_6039

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

fukuoka

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

fukuoka

福岡ソフトバンクの2015年のチーム構成

 昨年日本一となった福岡ソフトバンクは2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみ

記事を読む

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

STEPUP

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑