*

野球の魅力 ~長年一線級でプレーできる~

公開日: : その他

野球の魅力、長い年数プレーできるのも野球の魅力です。

40歳でも一線級でプレー

今年、中日の山本昌投手が50歳で1軍で登板をした。まだできるという思いもあり、投げる球もまだできそうな感じではあったが、指のケガが思わしくなく引退を決意した。

中日では谷繁元信監督も今年で現役を引退、44歳までプレーをした。他にも巨人を引退した井端選手が40歳、東北楽天を引退した斎藤隆投手が45歳、中日を引退した和田選手が43歳、小笠原選手が42歳、40歳まで一線級でプレーをしていた選手だと思う。

一般的に野球は試合中においては、ラグビーのように激しいプレーはそれほど多くないし、サッカーのように試合中、常に走り続けるようなこともなく、裏表と攻守の切り替えがあり試合中も体を休める時間があるスポーツ。野手においては守備の時間と打席に入る時間を合わせると、3時間の試合でも動いている時間というのはそれほど多くないかもしれない。

それでも試合に臨むまでに、ランニングを行いダッシュを行い、打撃練習や守備練習も行う。また投手は先発して完投すれば、140キロ近い球を100球程投げるという非常の体力の使うものである。

 

技術がカバー

ではなぜ40歳でも20歳のパワーもスピードもある選手と互角に戦う事ができるのかというと、経験や技術がカバーするからだろう。

現在行われているプレミア12、侍ジャパンを相手に先発したアメリカチームのジャレット・グルーブ投手は34歳、球速は140キロ前半くらいが多かったが、沈む球と動く球、そして打者を見てコントロール良くなげて抑えていた。ベネズエラの先発投手だったフレディ・ガルシア投手は39歳の投手。メジャーリーグで156勝を挙げた大投手だが日本戦は140キロ前半くらい。しかし外角に速球・変化球を集め、7回1/3で8安打3失点という好投を見せた。

球速では若い選手には及ばないものの、代わって登場した若いリリーフとは比べ物にならない程の安定感で侍ジャパンを苦しめた。変化球や速球のコントロール、そしてそれを投げ分ける技術が卓越している。日本でも横浜DeNAの三浦大輔投手などのベテラン投手も、同じように高い技術力と経験でローテーション投手として活躍をしている。

 

築かれたベースの上に

プロ野球選手は若いうちに体のベースが作り上げられている。軽く投げてもスピードが出ていたりする。そして投球でも打撃でもフォームが固まっており、それは年齢を経ても崩れない程になっている。おそらく50歳でもヒットを打てるし三振を奪う事ができるだろう。

体力と技術で作られたベースの上で、力をセーブしながらでも抑えていくことができる。野球は一生付き合っていけるスポーツだ。

野球の魅力 ~人vs人の世界~

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

野球の魅力 ~戦略性~

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

gorin

2020だけを見ていていいのか?

2020年に東京オリンピックが開催する事が決まり、準備にも加速感が出てきている。しかし先日、東京オリ

記事を読む

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

yokohama

野球のW杯を開くには? ~その2~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

Jingu

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

 最近になり、多くの野球ファンの方と会う機会が増えましたが、みなさん圧倒されるほど野球への見識の深さ

記事を読む

Yoshida

プロが使う、青いピッチングマシン

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシ

記事を読む

石毛宏典

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む

batter

野球のW杯を開くには? ~その1~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

a1180_000929

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレー

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑