*

明治神宮に集う、来年のドラフト注目候補たち

公開日: : アマチュア野球

明日13日より、高校野球、大学野球の明治神宮大会が開幕する。高校生は既に3年生は引退しているため、1,2年生がプレーし、来年の高校野球を占う大会とされている。

来年の中心チームは?高校の部

昨年の明治神宮大会高校の部は、仙台育英が佐藤世那投手、平沢大河選手の活躍で優勝した。今年夏の甲子園では決勝に勝ち進むなど1年間注目されるチームとなった。

今年の出場チームは以下の通り

北海道地区 札幌第一高校
東北地区   青森山田高校
関東地区  木更津総合高校
東京地区  関東第一高校 
北信越地区 敦賀気比高校
東海地区  東邦高校
近畿地区  大阪桐蔭高校
中国地区  創志学園高校
四国地区  高松商業高校
九州地区  秀岳館高校

昨年から連続で出場しているのは、敦賀気比高校のみ。浦和学院や仙台育英、東海大菅生、天理、九州学院から顔ぶれが変わっている。

これらのチームの注目選手を挙げてみると、東邦高校の藤嶋健人投手は1年生の夏の甲子園を経験しており、140キロ中盤の速球を投げる力のある投手、対する秀岳館は社会人の名将・鍛治舎巧監督が集めた選手の中で捕手の九鬼隆平選手は中学時代から実績があり、肩、打撃などの評価も高い。様々なタイプの投手もそろいリードも注目される。

創志学園は既に150キロを記録し松坂大輔2世と呼び声の高い高田萌生投手がおり、敦賀気比には平沼翔太投手からエースの座を引き継ぐ188cmの山崎颯一郎投手がいる。木更津総合の早川投手も1年生の秋に36回無失点を皮切りに春のセンバツで甲子園を経験、この秋は関東NO.1左腕に座に就いた。

他にも選手の層が厚い大阪桐蔭や青森山田、関東第一、そして勢いのある札幌第一、高松商も注目される。どこのチームが来年の中心になるのか、大会での戦い方と結果に注目したい。

 

集大成、大学の部

一方、大学生は4年生が出場する最後の全国大会とあり、集大成という思いが強い大会となる。今年の出場校は次の通り。

北海道2連盟代表   道都大
東北3連盟代表     東北福祉大
東京六大学      早稲田大
東都大学       亜細亜大
関東5連盟第1    東海大
関東5連盟第2    上武大
北陸東海3連盟代表  愛知大
関西5連盟第1     天理大
関西5連盟第2    立命館大
四国中国3連盟代表  環太平洋大
九州3連盟代表    九州国際大

こちらも昨年から連続出場をしているのは、上武大のみと非常に出場するのも厳しい大会となっている。

注目選手を挙げてみるとその上武大は4年生の安達大貴投手がエースとして投げてきた他、中稔真選手など4年生の集大成となる。初戦で対戦する九州国際大は逆に1年生の高椋俊平投手がエース格として活躍し、これから大学3年間で注目選手となるためのきっかけとなるかもしれない。

立命館大は巨人がドラフト1位で指名した桜井俊貴投手に注目が集まるが、初戦で対戦する東北福祉大にも中日がドラフト2位で指名した佐藤優投手がおり注目される。愛知大には同じく中日が育成1位で指名した中川誠也投手がいるが、初戦で対戦する早稲田大には巨人がドラフト2位で指名した重信慎之介選手、東北楽天がドラフト3位で指名した茂木栄五郎選手などがいる。他にも大学卒業となる吉永健太朗投手、丸子達也選手。道端俊輔選手などもいる。

亜細亜大には、阪神がドラフト6位で指名した板山祐太朗選手の他に、ドラフトで指名が予想されていた藤岡裕大選手や北村祥治選手もおり、東海大も北海道日本ハムがドラフト7位で指名した吉田侑樹投手、巨人が同じく7位で指名した中川晧太投手がいます。両チームとも名門大で下級生にも素晴らしい選手がそろったチームです。

その他、関西の強豪を次々とやぶって第1代表で登場の天理大、出身の選手が独立リーグなどを経て続々とプロ入りしている環太平洋大、同じく北海道からプロ野球に多くの選手を送り出す道都大など強豪がひしめく。

来年のドラフト会議に向けても注目される選手がたくさんいます。それを見つけるのも楽しみの一つです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

IMG_6039

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

yakyu

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む

sougankyou

今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義

記事を読む

kyujyou3

ドラフト候補の勝負の季節

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に

記事を読む

バッターボックス

タイブレーク方式に海外とズレ、野球の個人記録への対応

 高校野球連盟が来年の春季地区大会に一律でタイブレークを導入することを決定した。今後、何回からタイブ

記事を読む

Jingu

明治神宮大会、今年の野球シーズンの締めくくり

 明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球連盟が主催している野球大会で、1970年に明治神宮鎮座5

記事を読む

新芽

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として

記事を読む

STEPUP

球春到来、プロ野球、社会人野球、大学野球、そして高校野球

 プロ野球のオープン戦が2月21日の土曜日に5試合予定されている。それとは別に昨日は北海道日本ハムと

記事を読む

野球塾指導2

学生野球資格回復の研修

昨年、日本野球機構と高校野球連盟など学生野球側は、元プロ野球選手が再び高校野球、大学野球などのアマチ

記事を読む

508287p8i5842of

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑