*

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

公開日: : プロ野球

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力、またパリーグは該当者なしとなると予想されている。まだ今年度の新人王も決定しない中で、来年度の新人王を予想してみたい。

ルーキーの新人王候補は?

セリーグルーキー

セリーグのルーキーで新人王を獲得しそうな選手を挙げてみる。やはり有力なのはドラフト会議で上位で指名された選手で、即戦力の投手という事になると思う。

それに該当するのは横浜DeNAの今永昇太投手、広島カープの岡田明丈投手、巨人の桜井俊貴投手、東京ヤクルトの原樹理投手、またドラフト2位まで入れると横浜DeNAの熊原健人投手、中日の佐藤優投手、広島の横山弘樹投手の7人が挙げられる。横浜DeNAの今永昇太投手は肩の故障をしていたが、先日の東都リーグ1部2部入れ替え戦で先発し、9回3安打12奪三振完封という投球を見ればその不安はもうなくなった。ここに挙げた7人は実力も高く故障もない、しかもセリーグは投手陣が整っているチームは無く、どの選手も登板する機会に恵まれるとみられる。

その中で、新人王を獲るためにはやはり先発投手が勝利数を挙げられるため有利となる。この7人で熊原健人投手はリリーフとして投げる可能性も高いとみられるが、7人とも先発としてローテーションに入ってくる可能性もある。

これ以外の即戦力先発投手に関しては、阪神のドラフト3位・竹安大知投手、巨人のドラフト7位・中川晧太投手くらいだが、竹安投手は故障から完全には治っておらず、将来性を見込まれての指名だったことから、上位7人と巨人の中川投手の8人がルーキーでは有力という事になりそうだ。

 

セリーグ2年目以降

2年目以降の選手は評価が非常に難しいが、1軍での登板が30イニング未満でファームでの結果で可能性がありそうな選手は、

投手:横山雄哉(阪神)、石崎剛(阪神)、薮田和樹(広島)、塹江敦哉(広島)、野村亮介(中日)、浜田智博(中日)、飯塚悟史(DeNA)、竹下真吾(ヤクルト)、風張蓮(ヤクルト)

野手:岡本(巨人)、植田(阪神)、友永(中日)、山下(DeNA)、原(ヤクルト)

が挙げられそうだ。投手は今年成績を残せなかったドラフト上位指名選手を中心に上げたが、野村投手や竹下投手は厳しい評価を受けており、もう少し時間かかるかもしれない。先発では横山投手、風張選手などが一皮むければ10勝を挙げてくる力はある。また高校卒選手では広島の塹江選手とDeNAの飯塚選手が評価が高い。

3年目以降の選手ではセリーグの選手は投手も野手もファームで上位に入る成績を残せていない。

セリーグ新人王予想

このことから、セリーグはルーキーの即戦力先発投手が新人王を獲得する可能性が高いと考えられ、その中で最有力なのは今永昇太投手、桜井俊貴投手、原樹理投手と予想する。

 

パリーグルーキー

同じようにパリーグのルーキーで、即戦力先発のドラフト2位までの投手は、多和田真三郎(西武)、加藤貴之(日本ハム)、関谷亮太(ロッテ)、川越誠司(西武)、近藤大亮(オリックス)の5人が挙げられる。日本ハム1位の上原投手はリリーフとしている。

ドラフト5位で即戦力先発は、

石橋良太(楽天)、野田昇吾(西武)、吉田侑樹(日本ハム)の3人が挙げられ、パリーグのルーキーの新人王は8人が有力とみられる。

 

2年目以降

2年目で、先発投手タイプで新人王の資格があるのは、

投手:安楽智大、小野郁(楽天)、佐野皓大(オリックス)、石川直也(日本ハム)、加藤正志(楽天)

また野手では、

宗佑磨(オリックス) 、古澤勝吾(ソフトバンク)

くらい。即戦力投手は少ない印象で、高校卒の投手・野手の2年目のブレークに注目される。

3年目以降では西武の誠投手、日本ハムの高梨投手がファームで2ケタ勝利を記録し、ソフトバンクの上林選手がウエスタンリーグの首位打者で1軍でもホームランを放つなど力を少し見せている。しかしソフトバンクはレギュラー陣のレベルが高いため、試合に出場することはまだ難しい。

パリーグ新人王予想

投手では多和田投手、石橋投手、近藤大投手、加藤投手、誠投手、高梨投手が、野手では宗選手が候補となり、最有力は多和田投手、石橋投手、近藤投手と予想する。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

yokohama

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

draft_box

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

notes

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

石毛宏典

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

notes

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

a0001_009104

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

新芽

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑