*

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

公開日: : プロ野球

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力、またパリーグは該当者なしとなると予想されている。まだ今年度の新人王も決定しない中で、来年度の新人王を予想してみたい。

ルーキーの新人王候補は?

セリーグルーキー

セリーグのルーキーで新人王を獲得しそうな選手を挙げてみる。やはり有力なのはドラフト会議で上位で指名された選手で、即戦力の投手という事になると思う。

それに該当するのは横浜DeNAの今永昇太投手、広島カープの岡田明丈投手、巨人の桜井俊貴投手、東京ヤクルトの原樹理投手、またドラフト2位まで入れると横浜DeNAの熊原健人投手、中日の佐藤優投手、広島の横山弘樹投手の7人が挙げられる。横浜DeNAの今永昇太投手は肩の故障をしていたが、先日の東都リーグ1部2部入れ替え戦で先発し、9回3安打12奪三振完封という投球を見ればその不安はもうなくなった。ここに挙げた7人は実力も高く故障もない、しかもセリーグは投手陣が整っているチームは無く、どの選手も登板する機会に恵まれるとみられる。

その中で、新人王を獲るためにはやはり先発投手が勝利数を挙げられるため有利となる。この7人で熊原健人投手はリリーフとして投げる可能性も高いとみられるが、7人とも先発としてローテーションに入ってくる可能性もある。

これ以外の即戦力先発投手に関しては、阪神のドラフト3位・竹安大知投手、巨人のドラフト7位・中川晧太投手くらいだが、竹安投手は故障から完全には治っておらず、将来性を見込まれての指名だったことから、上位7人と巨人の中川投手の8人がルーキーでは有力という事になりそうだ。

 

セリーグ2年目以降

2年目以降の選手は評価が非常に難しいが、1軍での登板が30イニング未満でファームでの結果で可能性がありそうな選手は、

投手:横山雄哉(阪神)、石崎剛(阪神)、薮田和樹(広島)、塹江敦哉(広島)、野村亮介(中日)、浜田智博(中日)、飯塚悟史(DeNA)、竹下真吾(ヤクルト)、風張蓮(ヤクルト)

野手:岡本(巨人)、植田(阪神)、友永(中日)、山下(DeNA)、原(ヤクルト)

が挙げられそうだ。投手は今年成績を残せなかったドラフト上位指名選手を中心に上げたが、野村投手や竹下投手は厳しい評価を受けており、もう少し時間かかるかもしれない。先発では横山投手、風張選手などが一皮むければ10勝を挙げてくる力はある。また高校卒選手では広島の塹江選手とDeNAの飯塚選手が評価が高い。

3年目以降の選手ではセリーグの選手は投手も野手もファームで上位に入る成績を残せていない。

セリーグ新人王予想

このことから、セリーグはルーキーの即戦力先発投手が新人王を獲得する可能性が高いと考えられ、その中で最有力なのは今永昇太投手、桜井俊貴投手、原樹理投手と予想する。

 

パリーグルーキー

同じようにパリーグのルーキーで、即戦力先発のドラフト2位までの投手は、多和田真三郎(西武)、加藤貴之(日本ハム)、関谷亮太(ロッテ)、川越誠司(西武)、近藤大亮(オリックス)の5人が挙げられる。日本ハム1位の上原投手はリリーフとしている。

ドラフト5位で即戦力先発は、

石橋良太(楽天)、野田昇吾(西武)、吉田侑樹(日本ハム)の3人が挙げられ、パリーグのルーキーの新人王は8人が有力とみられる。

 

2年目以降

2年目で、先発投手タイプで新人王の資格があるのは、

投手:安楽智大、小野郁(楽天)、佐野皓大(オリックス)、石川直也(日本ハム)、加藤正志(楽天)

また野手では、

宗佑磨(オリックス) 、古澤勝吾(ソフトバンク)

くらい。即戦力投手は少ない印象で、高校卒の投手・野手の2年目のブレークに注目される。

3年目以降では西武の誠投手、日本ハムの高梨投手がファームで2ケタ勝利を記録し、ソフトバンクの上林選手がウエスタンリーグの首位打者で1軍でもホームランを放つなど力を少し見せている。しかしソフトバンクはレギュラー陣のレベルが高いため、試合に出場することはまだ難しい。

パリーグ新人王予想

投手では多和田投手、石橋投手、近藤大投手、加藤投手、誠投手、高梨投手が、野手では宗選手が候補となり、最有力は多和田投手、石橋投手、近藤投手と予想する。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑