*

元プロ野球選手が教えるという事

公開日: : 少年野球指導

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケースが増えている。元プロ野球選手の教えるという事は何が違うのだろうか?

広く集められ、取捨選択をした練習法

埼玉県川口市のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球チームではなく野球塾として、元プロ野球選手が小学生、中学生に野球を教えている。取材をすると、練習を見ているだけでも楽しさが感じられるほど、毎週違ったスタイルで違ったプレーの指導をしている。それはマンネリしがちなウォームアップでも見られる。

 今週のウォームアップはこんな感じ。ムカデのように数人がつながって、しゃがみながら前に進む。またはスクワットのように立ったりしゃがんだりを繰り返し前に進んでいる。

 選手の顔は1回行うごとにきつそうな顔つきになる。この野球塾に来ている選手は、各地の少年野球チームで実際にプレーしている選手だが、野球塾で普段は使っていない動きをすると、鍛えられていない筋肉を使ったり、普段は考えたこともない体のバランスを意識したりする。

 プロ野球選手は何がすごいかというと、野球に関する体のつくり方、体の使い方を知っている。それは自分が少年野球からプレーしプロ野球選手になった経験による物もあれば、プロ野球で他の選手から聞いて実践したものもある。世の中には様々な練習方法があるが、実際にプロ野球選手になった人がどの練習は自分にとって良かった、どの練習は効果がなかったという事を身をもって体験し、良いものだけを集めて指導しているという事だ。

 

選手を見るポイント

また、練習の前後には指導する選手、指導した選手のポイントを話し合っているのだが、ポイントが分かりやすい。

「あの選手は投げる球がまっすぐ行かない」 → 「ヒジの使い方がこうなっている」 → 「あの選手にはこのプレーをさせ、ここを指摘して気付かせよう」 という形で一人一人のポイントと練習方法が決まっていく。

選手は課題に気が付いていることが多い。しかし、じゃあ何をすればよいかまで気が付くのはなかなか難しい。その先の「どんな練習を使用」というところまで自分でたどり着ける選手はもっと少ないだろう。

プロ野球ではコーチなどはいるものの、基本的には細かい指導までは行わない。自分の課題がどのポイントが原因なのかを判断し、練習方法を考える。また他のプロ野球選手が、どのポイントを変えて良くなったのかを見たり聞いたりしている。

課題→原因→改善方法のポイントがわかっていることも、プロ野球選手が教えるメリットだろう。

 

プレーだけではない野球の知識、それが豊富なのも元プロ野球選手の財産なのだと感じた。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

野球塾バッティング2

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

野球塾指導2jpg

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

naiyasyu1

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

野球塾指導1

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

kyujyou3

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

sendai

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

野球塾守備1

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑