*

元プロ野球選手が教えるという事

公開日: : 少年野球指導

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケースが増えている。元プロ野球選手の教えるという事は何が違うのだろうか?

広く集められ、取捨選択をした練習法

埼玉県川口市のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球チームではなく野球塾として、元プロ野球選手が小学生、中学生に野球を教えている。取材をすると、練習を見ているだけでも楽しさが感じられるほど、毎週違ったスタイルで違ったプレーの指導をしている。それはマンネリしがちなウォームアップでも見られる。

 今週のウォームアップはこんな感じ。ムカデのように数人がつながって、しゃがみながら前に進む。またはスクワットのように立ったりしゃがんだりを繰り返し前に進んでいる。

 選手の顔は1回行うごとにきつそうな顔つきになる。この野球塾に来ている選手は、各地の少年野球チームで実際にプレーしている選手だが、野球塾で普段は使っていない動きをすると、鍛えられていない筋肉を使ったり、普段は考えたこともない体のバランスを意識したりする。

 プロ野球選手は何がすごいかというと、野球に関する体のつくり方、体の使い方を知っている。それは自分が少年野球からプレーしプロ野球選手になった経験による物もあれば、プロ野球で他の選手から聞いて実践したものもある。世の中には様々な練習方法があるが、実際にプロ野球選手になった人がどの練習は自分にとって良かった、どの練習は効果がなかったという事を身をもって体験し、良いものだけを集めて指導しているという事だ。

 

選手を見るポイント

また、練習の前後には指導する選手、指導した選手のポイントを話し合っているのだが、ポイントが分かりやすい。

「あの選手は投げる球がまっすぐ行かない」 → 「ヒジの使い方がこうなっている」 → 「あの選手にはこのプレーをさせ、ここを指摘して気付かせよう」 という形で一人一人のポイントと練習方法が決まっていく。

選手は課題に気が付いていることが多い。しかし、じゃあ何をすればよいかまで気が付くのはなかなか難しい。その先の「どんな練習を使用」というところまで自分でたどり着ける選手はもっと少ないだろう。

プロ野球ではコーチなどはいるものの、基本的には細かい指導までは行わない。自分の課題がどのポイントが原因なのかを判断し、練習方法を考える。また他のプロ野球選手が、どのポイントを変えて良くなったのかを見たり聞いたりしている。

課題→原因→改善方法のポイントがわかっていることも、プロ野球選手が教えるメリットだろう。

 

プレーだけではない野球の知識、それが豊富なのも元プロ野球選手の財産なのだと感じた。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾守備1

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

shiba2

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

野球塾バッティング2

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

野球塾指導1

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球塾バッティング4

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

野球塾守備2

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む

新芽

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

野球塾バッティング3

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

mound

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

→もっと見る

PAGE TOP ↑