*

2015ドラフトを振り返る

公開日: : プロ野球

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年のドラフト会議の傾向について分析をしてみます。

追い続けてきた投手の指名と急成長した投手の指名

ドラフト1位指名では、県岐阜商の高橋純平投手に3球団が、仙台育英の平沢大河選手に2球団が、明治大学の高山俊選手に2球団が指名重複しました。また、横浜DeNA、オリックス、西武、広島、巨人の5球団が単独1位指名での交渉権獲得となりました。

指名重複球団や重複した選手の人数などは例年並みという所で、多くもなく少なくもない印象です。ただし今年は、同じポジションの選手でどちらを選択するかではなく、別のポジションの選手でどちらの補強ポイントを優先するかという事が優先され、補強ポイントを徹底的に指名した球団もありました。

また選手の見かたについても分かれていました。横浜DeNAや西武は共に課題として挙げていたポイントの選手を指名しましたが、今永昇太選手、多和田真三郎投手を高校、または大学時代から注目していた選手で、今年は故障もあり調子を落としていましたが、1位指名をしました。

逆に広島や巨人は今年1年間で急成長した選手を指名しています。岡田投手が高校や大学でも3年生の春まではあまり実績が無かった選手ですが、昨年秋に少し注目され始めると今年は最速153キロを記録する選手に急成長し、リーグを代表する投手となりました。巨人も桜井俊貴投手は1年生の頃から活躍をしていましたが、ドラフト上位での評価が出てきたのは秋から、しかも10月に入ってから1位の声が挙がってきたように見られます。

当然、その試合だけで判断をしていないと思いますが、その試合での投球が単独での1位指名を決めた最大の理由となったことは推測できます。巨人は2013年のドラフト会議でも社会人で急成長を見せた石川歩投手を1位指名しました。抽選となり千葉ロッテが獲得した石川投手は2014年に10勝を挙げ新人王に輝くと、今年は12勝を挙げる投手となり、その評価は正しかったという事になります。巨人は今後も急成長した選手を指名していくのかもしれません。

 

各チームの指名の傾向

野手の指名を公表していたのは、東北楽天の平沢大河選手、オリックスの吉田正尚選手、東京ヤクルトの高山俊選手だった。そこに千葉ロッテが平沢大河選手を、阪神が高山俊選手を指名し結果的に野手は5球団が指名をしました。

抽選で外した東京ヤクルトは即戦力投手の指名に切り替えて東洋大の原樹里投手を指名、同じく抽選を外した東北楽天は、関東第一のオコエ瑠偉選手を指名、野手の指名にこだわった形となりました。東北楽天は2位の吉持選手、3位の茂木選手、4位の堀内選手と7人中6人が野手の指名と徹底した野手の補強となりました。

またセリーグ1位の東京ヤクルト、パリーグ1位の福岡ソフトバンクは高校生を中心に指名、ソフトバンクは6人の指名すべてが高校生と徹底していました。2軍、3軍の育成環境を整え、そこから選手が出てくる流れができており、育成に自信を持った指名を行いました。また東京ヤクルトは山田哲人選手や川端慎吾選手、畠山選手や雄平選手なども高校生を指名して育てた選手が中心となって活躍し、育成の大切さを知っての指名となったとみられます。

下位球団の横浜や東北楽天、中日などは基本的に即戦力中心となっています。これは毎年の傾向です。ただしオリックスは高校生で特に日本代表でプレーしたような選手を指名することがここ数年続いており、今年もその傾向が見られました。

今後、今年のドラフト会議の指名について分析をしていきます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

石毛宏典

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

sendai

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

a0001_009104

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

jingu

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

a0001_009104

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

kyujyou2

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

挫折と栄光

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

yokohama

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

バッターボックス

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑