*

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

公開日: : 少年野球指導

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

いろいろな動きをする大切さ

現在は少年野球チームや野球塾など少年野球を指導する組織も整っている。指導者も様々な野球理論を手にし、高度な技術を伝えている。元プロ野球選手の始動する野球塾もあり、技術がダイレクトに少年選手に伝わるようになった。そして高校野球やプロ野球を目指す少年は、直接的に野球に専念することができるようになった。

以前はプロ野球選手に教えてもらえるという機会も少なかったし、しっかりした少年野球チームが近くにあるというのも少なかった。以前、日野茂氏は少年時代は近くの大学の体育館に行って、たえずトランポリンで遊んでいたという。また石毛宏典氏も家で雑巾がけなど様々な手伝いをし、遊びで野原などを走り回っていたというが、「これが良かった」という。

プロ野球もスポーツの一つで、運動能力の高さが必要だ。体の強さはもちろんだが、その体を使いこなすことが重要で、自分の脳と体が一致していなければ球を打つこともできないし、きちっとした送球もできない。そういった意味で、いろいろなスポーツや手伝いなどをして、身体の動きを脳にしみ込ませる事が重要だという。

野球も良いが、他のスポーツや家の手伝いをして、「こうすれば踏ん張りがきくんだ」というような事を発見し続けれいければ、野球につながっていく。

 

ダメと言い切る

最近は家庭や学校ではもちろん、野球チームでも指導者がしっかりと叱れない事があるという。選手も「自分は褒めて伸びるタイプ」と自分から言うほどだ。しかし石毛氏は「ダメなものはダメと言い切ることが大事」と言い、松岡修造氏やマイケル・チャンコーチが錦織圭選手を厳しく指導した事を例に挙げた。

マイケル・チャンコーチは、世界のトップクラスの選手に勝つことは難しいと感じていた錦織選手に、徹底的に戦う事、ライバルと思う事を植えつけ、それらの選手に勝つことができる選手になったという。そして基本を徹底的に反復させた。

家庭や学校で叱ることができないため、野球チームや野球塾では叱ることも大切だと話す。

 

「聞く」から「見る」へ

野球の指導で、コーチは「上からたたく」といったように指導をする。教わった少年野球選手は上から振り下ろしてボールに当てようとしたりするが、コーチが言おうとしたことと全然違うスイングだったりする。言葉で伝えるのは非常に難しい所がある。それについて石毛氏は「選手を見てマネをする」のが大切だと話した。

他の選手のバッティングや守備をまねする事で、自分のあったプレーになる事もあるし、気が付く事もあるという。言葉で聞くよりも、プレーを見ることで、脳のイメージとして記憶できる。それによって自分の動きを脳にしみ込ませる事ができれば、野球技術が向上する。

今は夜は学習塾に通ったり、民放の放送も少なくなったのでプロ野球をテレビで見る機会が減ったかもしれないが、見ることは非常に大切だ。

さらに、野球塾や野球チームで指導を受ける時、大切なのは「他の選手のプレーを見て、その選手にコーチがどのようなアドバイスをしたのかを聞く事」だという。コーチは指導をするときは、並んで自分の順番を待っている選手全員に対しての始動の意味を込めている。他の選手の動きは客観的に見ることができて、「あの動きおかしいな」と感じる事はあると思う。では自分はどんな動きをしているのか想像できるか、そこが重要になる。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

IMG_20150106_123228412_HDR

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

新芽

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

naiyasyu1

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

野球塾指導1

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球塾キャッチボール1

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

野球塾守備3

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

野球塾キャッチボール2

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

sendai

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑