*

大学野球に危惧、石毛宏典氏が語る

公開日: : 大学野球

ドラフト会議のシーズンが近づいてくる。高校野球の選手はテレビ中継などもあり、また青春のドラマとして注目される事も多く、世間一般に知られている選手が多いが、ドラフト会議では大学生選手の指名が比較的多い。高校生とは違った体つきとなり即戦力としても期待できるし、22歳前後と若さもあって将来性も期待できる。しかし、石毛宏典氏は大学野球の選手育成について危惧を抱いている。

育たないスラッガー

かつては法政大の山本浩二選手や、田淵幸一選手、立教大の長嶋茂雄選手、近いところでも慶大の高橋由伸選手や青学大の小久保裕紀選手、井口資仁選手などが大学時代からホームランをかっ飛ばし、プロ入りしてもすぐに結果を残す即戦力スラッガーが育っていた。

駒大の主将としても活躍していた石毛宏典氏や、中大でプレーしプロ入りした日野茂氏も東都大学リーグの試合を良く見に行くというが、石毛氏は「駒大の試合を見ていると、なんでこんな打線なんだと感じる事がある」という。大学野球は東京六大学や東都リーグ、関西学生リーグが最も注目され大学野球の中心と言って間違いない。そしてそのリーグに参加している大学に全国の有力な選手が集まってくる。当然、全国屈指の打線になるべきだが、リーグでは投高打低の試合が多いように感じられる。

石毛氏はその理由の一つとして、「大学の現状とスカウティング」を挙げた。

 

大学スポーツの現状

大学スポーツについて石毛氏も日野氏も、大学スポーツの現状について、「教授会などの力が大きくなり、スポーツ推薦の枠が少なくなり、スポーツ部が獲得枠を争う状態」になっていると話す。大学も少子化の流れがあり経営が優先される状況になっている。

またその少ないスポーツ推薦枠を使って選手を獲得するのだが、これについて石毛氏は「見る目が大切」だと話した。大学のスカウティングを見ていると、「なぜこのような選手ばっかりが集まっているのか」と疑問に感じる事もあるという。獲得人数が少なくなる中で、選手を見る目は重要さが増している。

 

地方大学から選手が出てくるのは

また、近年では広島経済大の柳田悠岐選手や中京学院大の菊池涼介選手など、地方の大学からプロで一線級の活躍をする選手が出てきていることについても、東京六大学や東都、関西の大学などが推薦の枠が減った事で、金銭的な問題もあり関東や関西に出てくることが難しくなったため、地元の大学に進む選手が増えていると話した。

本来ならば東都や東京六大学のチームで推薦で入学できたような選手が地方の大学に進む事が増え、「今では地方の大学との差がなくなった」という。

いずれにしてもまずは素質を持った野球選手が野球を継続できて成長し、プロ野球でも一流の選手として活躍することが、日本野球全体の発展につながる。大学野球はいま変わっている最中にある。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

挫折もありの野球人生

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メ

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

来年は野手に注目選手が!2015年のドラフト

 ドラフト会議の目玉選手は多くは投手の場合が多い。しかし来年は久しぶりに野手が注目される年となりそう

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑