*

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

公開日: : 高校野球

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ばれた20人だった。アメリカ、キューバ、韓国といった強豪と連日のように対戦する厳しい日程だが、20人にとっては夢のような時間だったと思う。

日本代表

 日本代表として日の丸を背負ってプレーした経験ももちろんだが、高校生世代の中でトップクラスの選手と一緒に練習をしたり、戦った事は非常に大きな経験となる。選出された選手はほとんどが野球強豪校出身で、高校のチームだってレベルは相当高いと思う。しかしこの代表は、そのレベルの高いチームの中から選ばれた選手が出てきて、それぞれのチームで教わった練習方法だったり打撃や投球の技術の情報交換をする。

 また、高校3年生の多い代表チームにおいて、高校野球の公式戦がすべて終わったこの時期は、おそらく進路の話しが多くされているだろう。以前、大学日本代表メンバーだった選手から話しを聞いたが、全選手ともかなり具体的に進路の話をするという。

 すでに決まっている進む先の大学や社会人チーム情報を、それぞれの高校の先輩の話しなどから収集したりする。そして20人のトップクラスの選手、当然プロ入りの話しもする。この代表でプロ志望をするとみられるのは、小笠原慎之介投手、高橋純平投手、、オコエ瑠偉選手、勝俣翔貴選手、堀内謙伍選手、佐藤世那投手、平沢大河選手、高橋樹也投手の8人という。堀内選手は静岡高校が甲子園で敗れた際に、プロに行く力をつけるため社会人行きを示唆していたが、この代表チームで情報を交換し、プロ志望の選手と一緒にプレーして自信をもったのかプロ志望をするという。

 逆に大分商業の森下暢仁投手は、元々148キロの速球を投げるなどプロからもトップクラスの投手と注目されていた。本人もプロ入りの考えもあったと思うが、ここへきて大学進学という選択肢が大きくなってきたようだ。甲子園に出場できず全国のレベルを経験できなかったことや、代表でその甲子園でプレーしていた選手でプロ志望をするとみられる小笠原投手や高橋投手などの投球をみて、もう少し力が必要と感じたのかもしれない。

 プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、中日などでプレーした日野茂氏が、「常に自分のランクを見ていた」と話している。自分が誰よりも上で誰よりも下なのかを意識し、それを元に大学進学やプロ入りを決断し、プロでもどうしたら1軍でプレーできるのかを考えて守備という武器を身に着けている。自分を正確に評価することが野球を長く続ける事につながる。

 侍ジャパンU18代表の選手が、1年生の清宮幸太郎選手も含めて将来どのような道を進んでいくのか、注目してゆきたい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

Koushien

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

Koushien

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

新芽

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

fukuoka

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

Koushien

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

Koushien

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

Koushien

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

kyujyou3

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

Koushien

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑