*

背の低い選手に注目する

公開日: : スカウト活動

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわけではなく、身長があまり影響をしないスポーツであるといえる。しかし、プロ野球では体の大きな選手がそろっているのも事実だ。

体が大きい=パワー

 体の大きな選手は全体的にパワーがあり、例えば球を遠くに飛ばしたり、速い球を投げる選手が多い。プロ野球はホームランバッターでなくても内野の間を割るには、速い球に負けないスイングの強さが必要で、パワーはどんな選手にも必要である。

 投手についても、身長の高い選手はパワーもあるし、その身長を行かして角度をつけられたり、比例して腕や足が長いと、リリースがバッターに近くなる可能性も高い。よってピッチャーも背の高い選手が多い。

 プロ野球のスカウトも指名する選手を外したくない。もし同じように評価をした選手がいたとしたら、体の大きな選手の方を選ぶことになるだろう。

 しかし、プロ野球では一流の活躍をした選手が体が大きい選手かというとそうでもない。パワーが必要と言われるホームランについても、歴代本塁打数トップ3で王貞治氏は177cm、野村克也氏は175cm、門田博光氏は170cmと180cmを越えた選手はいない。時代的にそのころの身長の高さというものはあるだろうが、170cmでもプロで500本以上のホームランを打てる。

 

決めつけない事

 2013年に埼玉西武にドラフト1位指名された森友哉選手、身長は170cm前後だが高校野球では春夏連覇に日本代表でも主軸を打つなど、実績十分の選手だった。しかしドラフトでは1球団しか指名が無かった。その森選手は1年目からホームランをかっとばし、2年目では他球団にとって脅威の存在になっている。

 また2013年に東北楽天にドラフト1位指名された松井裕樹投手も174cmだが、140キロ後半の速球でバンバン三振を奪う。

 体が小さいから、足が速くないといけないとか、セカンドを守り2番でつなぐバッティングをするとか、その必要はない。長打力があるならば徹底的に下半身を鍛え、素振り繰り返して森選手のように大きなスイングができる選手になればいい。決めつけないことだ。

 選手を見る側も、決めつけて見ないように心がけなければならない。背が大きいという理由をなるべく外し、選手のスイングをみるようにしないといけない。

 門田博光、森友哉に続く原石はたくさんいる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日野さん

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

日野さん

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

mound

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投

記事を読む

日野さん

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

sougankyou

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

kousyou

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む

日野さん

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

日野茂

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑