*

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

公開日: : スカウト活動

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち、チームの連敗を止めた。一方、横浜DeNAは、2013年に育成ドラフト1位で指名した砂田毅樹投手が先発、この日は同点に追いつかれるホームランを浴び、白星は掴めなかったものの、支配下登録され1軍の先発に抜擢されて3試合、5回前後までをしっかりと試合を作るピッチングを見せている。

ドラフト下位指名

 基本的にドラフト会議は、高く評価をした選手から指名していく。なのでドラフト1位選手の方が活躍する可能性は高いといえる。そして指名が進むと、ある程度高い評価をされていながらも、指名が漏れる選手が出てくる。例えば遠藤一星選手は社会人の日本代表に選出されている内野手だがドラフト7位まで残っており、砂田投手も地元北海道日本ハムなどが注目しながらもドラフト会議で指名されず、育成ドラフトまで残っていた。

 共に評価は低くなく、また知名度が無い選手ではなかった。ドラフト会議の特集をすれば必ず名前が残っているくらいの選手だったと思う。そういう意味では隠し球というわけではなく、指名が漏れていった選手だったといえる。

 

スカウトの気持ち

 ただし球団も、残っている選手を見て、この選手が残っているから獲ろう、という安易なものではない。ドラフト会議で選手を一人指名するという事は、チームでプレーしている選手を一人戦力外にするという事に基本的にはなる。契約金(支度金)も発生する。

 球団は何度もスカウト会議を開き、選手を絞り込んでいく。そしてチームの状況と合わせて、指名選手の優先度を決める。ショートが少なければショートの選手の優先度が上がるという具合だ。そして、例えば実力は同じと評価していた捕手だが、優先度でショートを優先しその捕手を後に回して他球団に先に指名される、あるいは獲得できないと思っていた捕手が予想外に獲得できてしまい、その捕手を見送ったという感じでも、選手の指名が決まってくる。

 担当スカウトは最終的に指名リストに残した選手は、プロで活躍すると自信をもっている選手だ。そして、本人や関係者とも話をしたりして、選手がプロ入りへの思いを強くしていることも知っている。指名漏れとなり、その選手や関係者のがっかりした顔は見たくない。

 担当スカウトは祈りながらドラフト会議が進むのを待ち、そして縁があって獲得できたときには非常に大きな喜びとなる。

 そしてドラフト下位で指名された選手は、上位選手に比べてチャンスは少ないだろう。その少ないチャンスをものにして1軍で活躍する選手を見ると、思わず笑顔になるし、自分の目に自信が持てるようになる。

 ドラフト下位指名選手の活躍のなかで、多くの人が笑顔を見せている。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む

背の低い選手に注目する

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわ

記事を読む

2015年のドラフト候補は?元西武スカウト、日野茂氏の評価

10月22日のドラフト会議まで、あと1週間近くとなった。この1年間、元西武スカウトの日野茂氏とチェッ

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑