*

スカウトの目は様々なものに影響される

公開日: : スカウト活動

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備などをベースに野手を育ててきている。しかし、ある年にドラフト上位で入ってきた投手をキャンプ最初のブルペンで見た所、愕然としたという。

一目見て「通用しない」

 その投手は大型の左腕投手で、大学野球界では得意のチェンジアップやカーブで三振を奪い、安定したピッチングが評価されていた。何より貴重な長身左腕投手という事で、当時の報道でも大学屈指の左腕投手として報道されており、当時は数人は自由に契約ができる制度でその選手を獲得した。

 そして翌年、キャンプに入ると、新人となったその投手がブルペンに入る。そして投げた変化球を見て日野氏は、「この変化球は使えないよ?」と担当したスカウトに話したという。即戦力として期待された投手だったが、その後、1軍で目立った活躍は見られなかった。大型左腕という事もあり、また高く評価されてプロ入りした投手だったので、他球団に移るなどしてある程度の年数はプレーしたものの、結局活躍は見せられなかった。

 

スカウトの目

 スカウトの目というのは、いろいろなものに騙される可能性がある。例えば見た試合が好試合で盛り上がった試合だったりそうでなかったり、スカウトの周りで話をする観客や他球団のスカウトの声が聞こえてきたり、または新聞などの報道の情報であったり、または自分の思い入れというものもある。

 特に、周りからの情報には影響される。もちろん自分の目に自信をもってスカウティングをしているのだが、当然人間である。他球団のスカウトが球場で話をしていたり、新聞紙上でコメントをしていた内容に影響されることも少なからずある。日野氏は(今回紹介した選手とは別の)ある選手を獲得したスカウトを、他球団のスカウトが影で笑っていた、という話をしてくれた。スカウト同士もよく顔を合わせて知った仲ではあるが、そこは仕事であり球団の利益を考える。わざと選手を高く評価して他球団のスカウトに伝えてみたりという事もあるという。

 またもう一つは思い入れについて。例えばある投手を見る時、自分と同じタイプの投手だったり、同じタイプで無くても投手出身のスカウトは、投手の目線で選手を見る事になる。しかし野手出身のスカウトは、バッターとして対戦した時に「この変化球は見れる」といった形で見ていくという。今回のケースでも日野氏はバッターの目線で、その投手の変化球が通用しないことを、1年目のキャンプの初ブルペンで判断していた。

 最近では各球団とも複数のスカウトが一人の選手をチェックする体制(クロスチェック)が定着してきたが、ドラフト上位候補を自由に獲得できる制度だった時は、その選手に近かったり信頼の高かったスカウトに任せる事も多かったのだろう。スカウティングよりも評価の高い選手をいかに獲得するかに力が入れられていたといえる。その制度の元ではそれも仕方なかったかもしれないのだが、その選手にとっては良い事だったのだろうか。

 話がそれたが、まずスカウトは情報を遮断して自分の目を信じる事が必要で、また一人のスカウトでなく投手出身、野手出身といった様々なタイプのスカウトが多様な視点で選手を見ることがスカウティングの鍵となる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日野さん

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

sendai

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

日野茂

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

508287p8i5842of

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

バッターボックス

野球選手、野手の評価が難しい理由

以前、選抜高校野球大会に出場する田島大樹選手を元スカウトの日野氏に評価をしてもらいましたが、Yout

記事を読む

日野さん

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

a1180_000929

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む

日野さん

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

mound

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投

記事を読む

a1180_000929

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑