*

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

公開日: : スカウト活動

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投手に対するスカウトや評論家の評価を見ると、守備のうまさ、牽制の巧みさについても記載されている選手がいる。

投手の守備の評価は?

 守備の良い投手というと、思い浮かぶのは桑田真澄投手だが、桑田投手は野手としても評価されていた程の守備力の良さを誇っていた。しかしドラフト会議では早稲田大に進学したものの巨人が単独1位指名したことで、その話題が大きくなりスカウトの評価どころではなかったが、球速、コントロールのほかに、フィールディングも評価されていたのは間違いない。

 今年の候補では、仙台大の熊原健人投手が、大学野球選手権でも打球処理に苦労し、失点につながったケースもあった。また、来年のドラフト注目候補、創価大の田中正義投手についても、牽制やバント処理の課題を相手に突かれる事もあるという。

 プロ野球では、牽制から崩されたり、守備から崩されたりという事もある。プロのスカウトも当然、そのあたりはチェックをしているが、守備や牽制というものは、どの程度評価に影響してくるものなのでしょうか?

 

相手はバッター

 元西武スカウトで、また横浜ベイスターズの2軍監督も務めた日野茂氏は、投手の守備の評価について、「投手の場合、相手はバッターなので、評価の中心はそれがほとんど」と話し、守備や牽制に課題があって指名を避けるかの問いには、「それは無かった」と話す。投手の場合はやはり投球の評価で評価が決まると言って良い。

 では投手の守備について聞くと、「小さい頃から教わっていないことが原因」「投手の守備というのはやる気があればできるようになる」と話す。従ってプロ野球に入ってからでも守備は鍛えられるという事だった。

 ただし、「精神的な強さが必要」という事を日野氏は話す。プロに入ればそういう投手は、守備や牽制でエラーをしたりと屈辱的なプレーをしてしまう事は少なからずある。その時にファンなどからは叩かれたりという事にもなるだろう。しかしそこで、そのプレーを引きずらずに、課題を取り組む力に向けられるかどうかのようだ。

 それでも投手の守備力や牽制のうまさは、評価に対する影響はそれほど大きくないにしても、投球で同じ力だったとすれば、守備や牽制のうまい選手が選ばれることになる。それは忘れないで、投球に、守備に牽制に全力で取り組んでほしいと思います。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

日野さん

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

kousyou

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

a1180_000929

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

日野さん

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

kyujyou3

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む

日野茂

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

a1180_000929

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

日野さん

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

kyujyou2

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑