*

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

公開日: : 注目選手

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤佑樹投手、プロ入り後の成績はパッとせず、先日久しぶりに名前を聞いたかと思うとそれは、東大が5年ぶりに東京六大学で勝利を収めた際に、5年前に黒星を喫した投手という事でのことだった。しかし私は、斎藤佑樹投手には、今でも高い期待を持ち続けている。

常にすごい選手ではない所がスター(早稲田実時代)

 斎藤佑樹投手は、早稲田実業時代に夏の甲子園大会で優勝し、早稲田大学でも活躍してドラフト1位指名でプロ入りしたものの、常にすごかった投手ではない。

 例えば、高校時代は3年生の春に、センバツ大会に出場し、延長15回の引き分け再試合や準々決勝に勝ち進んでいるものの、この時はあまり話題にはなっていなかった。素質は良い投手だったが、決してすぐにプロに行ける投手とは見えなかった。

 しかし、夏、激選の末に西東京大会を勝ち上がると、中田翔選手のいる大阪桐蔭戦で圧巻のピッチングをし、マウンドでハンカチで汗をぬぐう姿で一気に火が付く。その勢いに乗るように決勝まで勝ち進むと、決勝では駒大苫小牧の田中将大投手と延長15回の投げ合いを演じ、引き分け再試合でも先発して4-3で完投勝利をした。ちなみにこの時、田中将大投手は2試合とも先発をしなかったが、斎藤佑樹投手は2試合とも先発をしている。

 

常にすごい選手ではない所にスター性(早稲田大時代)

 大学時代も、1年生の春に開幕の東大戦で先発し、6回1安打8奪三振という完ぺきな投球でデビューをすると、1年目でリーグ優勝に大きく貢献し、続けて行われた大学野球選手権でも全国制覇に大きく貢献し、MVPを獲得している。秋もリーグ制覇に貢献している。

 しかしそれからは、コンスタントに勝利を挙げ、2年秋もリーグ制覇をしたものの、話題からはやや遠ざかった。そして大学4年生春には優勝をかけた早慶戦で1戦目の先発マウンドに登り、9回を2失点と好投したものの、大事な星を落とす。そして3戦目は3回で降板し、優勝を慶大にさらわれている。

 そして大学生活最後の4年秋、斎藤佑樹投手は東京大学戦で7回3失点で降板し敗戦投手となった。チームは優勝争いに残り早慶戦で勝利すれば優勝という場面で、再び斎藤投手は1戦目の先発で星を落とし、慶大に勝ち点で追いつかれる。

 それでも斎藤投手はスターだった。舞台は早慶による優勝決定戦にもつれ込んだ、斎藤投手はこの試合で8回途中まで自責点2に抑え、優勝をした。東大に敗れ、早慶戦1戦目にも敗れた斎藤投手だが、自ら作ったような優勝決定戦という舞台で、東京六大学に久々の36000人、満員御礼の観客を呼び、その中で最後の勝利を挙げた。

 ここで、斎藤投手は「斎藤佑樹は何か持っていると言われつづけてきました。今日、何を持っているか確信しました。それは仲間です」という名言を残し、大学野球を後にした。

 

最後の舞台で活躍を見せるのが斎藤佑樹投手

 斎藤佑樹投手はスターである。高校野球でも大学野球でも最後の大舞台で力を発揮し、大勢の観客の注目を集めて勝利を得る。それも、甲子園では決勝での引き分け再試合、大学では優勝決定戦の早慶戦という特別な舞台だった。

 今はまだプロ野球で活躍ができていない斎藤投手だが、大きな場面が来た時、大きな仕事をしてくれる気がする。例えば、優勝を決める最終戦、日本シリーズで第8戦までもつれ込んだ試合など。

 プロ野球選手としてはそれではダメなのかもしれないが、斎藤投手はプロでも何かやってくれると、今でも期待をしている。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

IMG_6039

第86回選抜高校野球大会の注目の投手、佐野日大・田嶋大樹投手に注目

  いよいよ明日、3月21日より第86回選抜高校野球大会が開幕する。今大会にも大勢の

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

Koushien

センバツ注目投手、仙台育英・佐藤世那投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ大会で、今のところ優勝候補の筆頭に挙げられるのは、秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

石毛宏典

大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季を迎える。メジャーでも二刀流に

記事を読む

mound

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

20150825-1

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

Jingu

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

日野さん

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑