*

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

公開日: : 大学野球

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一投手や、主軸として活躍した町田公二郎選手などについて、取り上げてみる。

ドラフト1位指名続出

 専修大学は東都リーグ発足時からのメンバーで、26年のブランクがありながらも東都リーグの優勝回数も最多の32回を誇る。かつては、古葉竹識氏や山沖之彦投手、宮里太選手などをプロ野球に送り出しているが、1989年の優勝メンバーも、プロ野球から大いに注目された。

 優勝メンバーの中心だったのは、当時3年生だった岡林洋一投手、2年生だった町田公二郎選手、また武藤潤一郎投手、杉山賢人投手などがいた。岡林投手は1990年のドラフト会議で東京ヤクルトが外れ1位で指名をしているが、この年のドラフトといえば亜細亜大の小池秀郎投手に8球団の指名が集まり、希望していなかった千葉ロッテが抽選を引き当てた事で話題となった。

 町田選手は1991年のドラフト会議で広島が外れ1位で指名したが、この時、広島がいの一番に指名したのはドラフト1位は駒澤大の若田部健一投手だった。

 杉山賢人投手は東芝に進み、武藤潤一郎投手はプリンスホテルに進んだが、1992年のドラフトで杉山投手は西武に、武藤投手は千葉ロッテにそれぞれドラフト1位で入団した。

 その後、1996年に黒田博樹投手が広島にドラフト1位で、1997年の安藤正則投手が西武にドラフト1位で指名され、毎年のように注目されるチームだった。

 

近年は

 しかし近年は2部にいることも多かった専修大、ドラフト会議で上位で指名される選手というのは非常に少なくなった。

 それでも2006年には長谷川勇也選手がドラフト5位で福岡ソフトバンクに、松本哲也選手が育成ドラフトで巨人に進み、今では長谷川選手も松本選手もチームに欠かせない選手になっている。しかしその後は、2009年に土本恭平選手がJR東海を経由して巨人にドラフト3位で指名されただけで、その後は出身の選手を含めてもプロ野球選手は誕生していない。

 

再び

 まずはリーグ戦優勝を果たした。そして今度は大学野球選手権大会で全国制覇に挑む。そして次は出身選手のプロ野球入りであろう。今年のチームは中心打者が体が大きく、振りの鋭い選手が揃う。そして後輩にも高校時代にプロ野球のスカウトが注目した選手が入部している。

 これから再び専修大からドラフト1位選手が誕生するか、この優勝を見て@「叶わぬ夢は無い」と感じた選手が、殻を破ってその夢をかなえてくれるだろう。

 今回の専修大の優勝は、まだ狼煙を上げただけに過ぎない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

バッターボックス

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

日本

侍ジャパン大学代表はどれだけ強いのか?

 今日6月29日、韓国で行われるユニバーシアードに出場する「侍ジャパン大学代表」が、プロ野球(NPB

記事を読む

keio

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

6dai1

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

kyujyou1

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

Jingu

大学野球はもっと発展できないか

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の

記事を読む

Jingu

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

日野さん

【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する

 いよいよ6月8日(月)より、全日本大学野球選手権大会が始まります。東京六大学からは早稲田大が、東都

記事を読む

Jingu

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

→もっと見る

PAGE TOP ↑