*

プロ野球のエースのすごさ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/08 プロ野球

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。しかし、エースと呼ばれる投手が最も速い球を投げたり、特に注目される変化球を投げているわけではない事も多いと思います。エースは何が違うのでしょうか?

140キロの球で

 エースと呼ばれる投手と対戦した、元プロ野球選手の話を聞くと、エース投手は「140キロの球で何とかされてしまう」と話します。確かにこれまで活躍してきたエースと呼ばれる投手で、横浜DeNAの三浦大輔投手や中日の吉見一起投手、巨人の内海哲也投手は、球速は140キロ前後です。しかも三振をバッタバッタと奪うような鋭い変化球を投げるわけでもありません。エースとそれ以外の投手との違いは「投球に対する工夫が違う」という意見が出ました。

 元西武のスカウトだった日野茂氏も、「アマチュアの投手は速い投手が魅力だが、プロの投手は140キロでも打者を料理できる」と話します。そこには、身体にしみ込んだ打者との対戦の経験により、バッターとのタイミングをずらしたり、球の出所を見づらくしたりといった工夫があるとのことでした。もちろん、そこには制球力というベースがあり、変化球や球のキレ、そしてスピードというものがベースとなりますが、長年エースとして投球を続ける上で、やはりスピードは三振を奪う以外の部分が特に成長していくようです。

 ダルビッシュ有投手も、田中将大投手もプロ入りして3年目くらいまではストレートを求め、三振を奪える鋭い変化球を追い求めていましたが、メジャーリーグに移籍する頃には、コントロールに球のキレ、そしてフォームの工夫で、スピードや鋭い変化球が無くてもプロ野球のバッターを抑えられるレベルになっていました。

 

アマチュア選手は

 もちろん、エース投手にもスピードがあり、三振を奪える変化球があれば、鬼に金棒となるでしょう。広島カープの前田健太投手やダルビッシュ有投手、田中将大投手はそんな投手で、プロの打者を軽く料理する投手でした。

 プロのスカウトは、アマチュア選手をスカウトするうえで、やはり球威のある投手を求めます。そういう投手がプロで揉まれて成長することでエース投手となっていきます。剛速球投手がエース投手に変わっていく姿をみるのも、野球の楽しみといえるでしょう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

gorin

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

miyazaki

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

mound

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

STEPUP

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

12球団エース

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

yokohama

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑