*

プロ野球の今昔

公開日: : プロ野球

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ、太平洋クラブライオンズでプレーした日野茂氏に、昔と今のプロ野球の話を聞いた。

2軍の試合、投手と捕手がずらりと並ぶ打線

 現在ではファームの組織も充実しており、観客が入る球場や練習施設なども充実している。そしてプレイする選手も多く、若手が成長し、ベテランが調整する組織になっている。

 しかし以前は、保有選手枠が60人の時代もあった。そうなると、1軍が約半分、残りの30人くらいがいるものの故障で休んでいる選手などもおり、2軍の試合はいつもギリギリの人数で行っていた。そして、キャッチャーやピッチャーが内野手や外野手を守り、何とか試合をしていたという。

 試合前になると、2軍監督から投手陣に「今日野手で出場したいやついるかー」と聞かれ、手を挙げた選手が守備に就いていた。またある時は、相手チームから選手を借りていたこともあったという。

 ピッチャーやキャッチャーがずらっと並ぶ打線を見て、相手投手は打たれるわけにはいかず、投球するのを嫌がったという。

 上田選手がプレーした1980年代後半もこのような状況だったこともあるようで、今のようにファームの組織が充実したのは、つい最近のことのようだ。

 

すべてが違った巨人

 まず1960年代や70年代は、プロ野球といえば巨人だった。それは人気だけではなく選手の待遇も他球団とは全然違ったという。地方遠征に行くと、巨人のナインは一番良いホテルに宿泊していた。食事も他球団から移籍した選手が驚いたというほどで、他球団の選手はそれをうらやましそうに見ていたという。

 また選手は通常は個人事業主という形で球団と契約する。しかしそのころの巨人は読売グループの興行を行う会社に社員として、企業年金など福利厚生も充実していた。(※今ではそのような形では無いようです。)宿泊、移動、食事、すべての面で巨人は球界の盟主だった。

 

スカウト活動

 球団の格差といものは選手だけでなく、球団スタッフにも差が表れていた。巨人のスカウトはタクシーなどを使い効率よく選手を視察していたが、他球団はバスや電車など公共機関を使って移動をしていたという。しかし球場であったり、高校や大学などの練習グラウンドは、公共交通機関の駅などから離れたところにある事も多い。そこで、ある球団は巨人のスカウトのタクシーに同乗して移動したりしていたという。

 また巨人のスカウトは旅費にある程度裁量が認められていたようだが(今はそうではないらしい)、他球団のスカウトは行ったところやかかった費用は細かく報告し、領収書を出していた(今はどこも当然だろう)。しかしある球団は、選手の視察に行く前にキッチリと予定を報告しなければならず、ひどい時には大会の試合の開始時間や終了予定時間まで報告していたという。

 西武でスカウトをしていた日野氏は「スカウティングは現地にいって何が起こるかわからない。見に行った先で相手の監督をと会う機会が得られたり、他に良い選手がいるという情報が入ったら、そこに見にいくという事もある」と話す。スカウトにとって満足なスカウト活動は出来ない状況だった。

 

 そのような時代だったが、清水氏も上田氏も日野氏も、楽しかったと笑う。古き良き時代というものなのだろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

バッターボックス

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

sendai

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

記者会見

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

sendai

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

バッターボックス

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

IMG_6039

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

kyujyou2

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑