*

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

公開日: : プロ野球

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それがプロ野球の絶対的な頂点の地位を崩す事になるかもしれないという話です。

公明正大で緻密な経営

 プロ野球の球団運営も他の企業と同じく、収入や支出を細かく正確に、そして透明性を確保しなければならない時代になっている。

 昔はプロ野球の球団自体も、オーナー企業の宣伝のためと考えられ、球団の運営だけで黒字にするという考え方も少なかったかもしれない。その分、親会社が資金を入れ、その費用で運営費用が賄われていた。

 そういう時代にあって、選手への年俸やボールの購入、グッズの製作などもかなりあいまいに管理されており、以前は倉庫に売れ残ったグッズが沢山眠っていて、選手がファンにプレゼントしたりという事もあった。ボールも使われたものは地域の少年野球チームなどに、練習用として渡したりもしていたようだ。

 しかし今では、グッズは売れる分だけ製作し売り切る形のものが多い。限定品といった形で販売されるものが増えており、在庫で眠っているグッズも減った。ボールも使用したものも在庫として管理されるようになった。グッズやボールを簡単に配ったりすることができなくなった。

 正確な数字がわかる事で、製作するグッズの必要数が分かり、ボールも本当に必要な数が分かり、経費の削減につながる。当たり前といえば当たり前の事だが、良い面で言えば公明正大な球団運営ができるようになった。

 

日本野球の頂点

 そのようにグッズを配ったり、ボールを配ったりすること、または金銭的な流れも多少はあったと思うが、それによって日本の球界はプロ野球に頼りながら歩んでいたともいえる。

 大学、高校野球、少年野球、独立リーグのチームの運営は厳しい。硬式球は高価で、練習用のボールをボロボロになるまで使い、予算が足りなくて新しいボールも買えなかったりする。そこで以前はプロ野球で使われた中古のボールを便りにしていた。

 プロ球団からボールの供給が無くなることで野球をする機会が減っている可能性もある。グッズを簡単に配れなくなったことで、新たな野球ファンの獲得のチャンスが減っている可能性もある。

 放漫かもしれないが豪快だったプロ野球が支えてきた日本野球のピラミッド、頂点からの供給が小さくなり全体的に小さくなっていくのかもしれない。また、独立リーグやアメリカのメジャーリーグなどが、今後、日本の地域のそのような野球チームを支えるようになったりすれば、プロ野球が頂点から落ちる日もあるかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

バッターボックス

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

記者会見

自分を売り出せ!新人選手!

プロ野球では新人選手が各チームの寮に入寮する季節となった。これからキャンプ開始の2月1日まで合同自主

記事を読む

kousyou

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

FA移籍

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

mlb

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

記者会見

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

STEPUP

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

12球団エース

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

石毛宏典

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑