*

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

公開日: : プロ野球

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それがプロ野球の絶対的な頂点の地位を崩す事になるかもしれないという話です。

公明正大で緻密な経営

 プロ野球の球団運営も他の企業と同じく、収入や支出を細かく正確に、そして透明性を確保しなければならない時代になっている。

 昔はプロ野球の球団自体も、オーナー企業の宣伝のためと考えられ、球団の運営だけで黒字にするという考え方も少なかったかもしれない。その分、親会社が資金を入れ、その費用で運営費用が賄われていた。

 そういう時代にあって、選手への年俸やボールの購入、グッズの製作などもかなりあいまいに管理されており、以前は倉庫に売れ残ったグッズが沢山眠っていて、選手がファンにプレゼントしたりという事もあった。ボールも使われたものは地域の少年野球チームなどに、練習用として渡したりもしていたようだ。

 しかし今では、グッズは売れる分だけ製作し売り切る形のものが多い。限定品といった形で販売されるものが増えており、在庫で眠っているグッズも減った。ボールも使用したものも在庫として管理されるようになった。グッズやボールを簡単に配ったりすることができなくなった。

 正確な数字がわかる事で、製作するグッズの必要数が分かり、ボールも本当に必要な数が分かり、経費の削減につながる。当たり前といえば当たり前の事だが、良い面で言えば公明正大な球団運営ができるようになった。

 

日本野球の頂点

 そのようにグッズを配ったり、ボールを配ったりすること、または金銭的な流れも多少はあったと思うが、それによって日本の球界はプロ野球に頼りながら歩んでいたともいえる。

 大学、高校野球、少年野球、独立リーグのチームの運営は厳しい。硬式球は高価で、練習用のボールをボロボロになるまで使い、予算が足りなくて新しいボールも買えなかったりする。そこで以前はプロ野球で使われた中古のボールを便りにしていた。

 プロ球団からボールの供給が無くなることで野球をする機会が減っている可能性もある。グッズを簡単に配れなくなったことで、新たな野球ファンの獲得のチャンスが減っている可能性もある。

 放漫かもしれないが豪快だったプロ野球が支えてきた日本野球のピラミッド、頂点からの供給が小さくなり全体的に小さくなっていくのかもしれない。また、独立リーグやアメリカのメジャーリーグなどが、今後、日本の地域のそのような野球チームを支えるようになったりすれば、プロ野球が頂点から落ちる日もあるかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑