*

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

公開日: : 侍ジャパン

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生はユニバーシアードが、高校生はU18ワールドカップが日本で開催されるという事もあり、特に優勝を期待される年で盛り上がりを見せるが、やはり2020TOKYOへの道がある。

甲子園で開催

 大学代表と高校代表の壮行試合は、8月26日の18時から甲子園球場で開催される。U18W杯が甲子園などで開催されることもあり、また日本の野球の聖地という事からも、この夢の対決に絶好の場所だといえる。

 大学生にとっても甲子園はあこがれの場所だったはずで、高校時代に出場できなかった選手にとっては本当にうれしいだろう。

 日本ではプロとアマチュアは長年、深い溝があり、今でもプロ野球選手と学生選手が自由に野球を教えたりすることが制限されたりしている。ただし、高校生と大学生については特に溝というものは無かった。それでも、この対戦が実現しなかったのは、体力の差や技術の差のほかに、金属バットか木製バットかという事もあった。

 しかし、近年は世界の大会が木製バットで行われることになり、U18W杯も木製バットで行われる。またアマチュア野球においては、捕手への接触プレーへの制限などがあり、体力の差や体格差で高校生が危ないというようなことも少なくなったと思う。

 投手は昔から、高校卒ですぐにプロ野球で10勝するような投手がおり、大学生にも通用すると思う。野手は清原和博選手のような怪物でなければ、1年目から活躍できる選手はまだ少ないが、速い球を打ったり守ったりという練習はできるようになっている。良い試合を期待したい。

 

2020TOKYOへ

 今回の壮行試合を開催する理由として入っていたのは、2020年東京オリンピックの正式種目採用に向けて、というものがあった。野球・ソフトボールの協会は一体となって、正式種目への採用に一歩一歩進んでいる。

 この東京オリンピックを機会に、これまで実現しなかった事が、まだまだ起こるだろう。先日、アメリカのMLBでプレーする川崎宗則選手が、高校生との試合に出場していた。日本でもプロ野球と大学日本代表の壮行試合は行われていたが、最後に実現したいのは、高校生vsプロ野球だろうか。これまでもPL学園や横浜高校などがプロよりも強いと言われたこともあるが、これも一つの夢だろう。

 

 選抜大会では、長嶋茂雄氏から始まり、プロ野球選手やタレントなどがキャッチボールをしていく、東京オリンピックに向けたプロモーションビデオが流されている。ここに、高校生、大学生、少年野球の選手が加わって、映像だけでなく実際にキャッチボールをすることが最終的な目標だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日本

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む

日本

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

日本

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

石毛宏典

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

日本

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

gorin

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

日本

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

e9c230b94c3b5f7920f8973890afb1df

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

samurai2017

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

gorin

次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だったように思えるが、様々な変化が侍

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑