*

少年野球選手の肩と肘を守る

公開日: : 少年野球指導

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.html)の発表によると、アンケートをとった10,228人の小学生の野球選手のうち、57.5%が肩・ひじに痛みを感じたことがあると回答している。実に衝撃的なものだった。

提言

 このアンケートの分析では、以下のことを提言している。

 

・捕手も投手に次いで肩・肘の痛みを感じている選手が多い事から、投手と捕手の兼任は避けるべき、また捕手も球数制限も考える

・1週間の全力投球数で、「100球以上」と「100球未満」を境にして、肩・肘の痛みを感じたことがあるかどうかの差がある。球数制限を真剣に考える必要がある

・野手も週2日間は練習を休むべきで、オフシーズンを設ける必要がある

・痛みを感じても治療を受けている選手は11%しかいない。痛みを感じたら治療をうけたり、投球を休ませるなど適切な処置をする

 

 この調査は次年度以降も継続をし、上記の提言が有効だったかどうかを確認するという。

 

肩・肘はすべてのポジションに共通

 野球では投げるプレーは投手だけでなく、すべてのポジションで必要なものです。そして肩やひじを故障するという事は、投手ができなくなるだけでなく、野球をあきらめなければならなくなる可能性もあります。

 当サイトではZEROベースボールアカデミーの協力により、故障をしにくい投げ方を身に着けるため、正しいキャッチボールの方法を以前より伝えています。

 【参考】ZEROベースボールアカデミー (http://www.zerobaseball.com/zeroaca/)

     ※お気軽にお問い合わせください

 また、私どもが作成している、スマートフォンアプリ「少年野球教室」でも、セカンドであろうがファーストであろうが、1番目の項目に必ず『肩・ひじをこわさないためのスローイング』を入れています。

少年野球教室2B』 Google Play( https://play.google.com/store/apps/details?id=baseballapp.ver2b)

少年野球教室1B』 Google Play(https://play.google.com/store/apps/details?id=baseballapp.ver1b)

 ※ぜひ見てみてください。

 

 ただし、正しい投げ方を身に着けたとしても、やはり投球数が多くなれば故障につながります。多くの野球少年がその素質に期待され、そのために中学、高校、大学などで選手として活躍し、肩やひじを故障してプロ野球などの道をあきらめた選手というのは、本当に多いと感じます。

 ・正しいキャッチボールの仕方を早いうちに身に着ける事

 ・野球の大会や練習で球数制限を必須にする事

 

 野球を楽しく、長く続けるために。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾キャッチボール2

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

バッターボックス

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む

野球塾バッティング5

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

sendai

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

野球塾指導2jpg

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

zero_baseball1102

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

野球塾バッティング3

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

野球塾バッティング3

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑