*

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 スカウト活動

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれば注目されるのか」を尋ねてみた。

常にチェックされていると思う事

 まず、投手に比べて野手はチェックすることが非常に難しい。守備機会が1試合に何度も訪れる事もなく、打席も4回前後しか回ってこない。従ってスカウトは野手をチェックするにあたり、

・試合前にチェックする選手を決めておく
・プレー以外の部分もチェックする

 と元西武のスカウト・日野氏は言う。

 具体的には、試合前のランニングで「走る姿の素晴らしい選手」、ノックで「大きく見える選手」を見つけたら、その選手を一試合ずっと見続ける。大きく見える選手というのは、身長が大きい選手も目に留まるが、背が高くなくてもプレーが大きく見える選手がいるという。

 そして試合で、今日はその野手を見る、と決めたら、他の投手や野手がチェック漏れになっても、その選手を見続ける。それは、その選手が打球を捕球するようなプレー以外でも、例えばセカンドならば、左右やライトに打球が飛んだ時の動き、ランナーが出たときの動き、打球に対する反応や姿勢などをチェックする。

 また、プレーだけではなく、ベンチから出てくるときや戻る時の姿勢、時にはベンチ内の姿やネクストバッターズサークルの姿なども見るという。

 という事で、野手は一試合まるまる注目されているという事になる。従ってプロに行きたいという選手は、それを意識して試合前のランニングから緊張感を持ってやるべきだろうと思う。

 

繰り返し見る事になる

 投手は1試合見れば、ある程度、力は測れる。しかし野手は、このようにチェックをしたとしても、やはり実際のプレーも見たい。という事で、繰り返し繰り返し見る事になる。

 また、例えば打球の反応や、プレー以外の動きというのは、テレビなどでは中継されない。したがって、実際にその選手を見に行かなければ分かりにくいという。

 常に注目され、一挙手一投足を放映される投手に比べると、野手のスカウティングは本当に難しい。だからこそ、プロで活躍するような選手を見つけたときの嬉しさも大きいという。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑