*

【センバツ注目選手】遊撃手編~その3~ 木更津総合・檜村篤史選手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 センバツ出場選手の評価シリーズ、今日は遊撃手編の最後として、木更津総合高校の檜村篤史選手を見てみたいと思います。

1年夏に遊撃手で甲子園デビュー

 檜村篤史選手は、2013年の夏の甲子園に1年生ながら遊撃手のレギュラーとして出場し、1回戦は7番で出場して4打数1安打、2回戦は3打数1安打、チームも富山第一に0-8で敗れ姿をけしましたが、この大会では2失策と守備でも悔いの残る結果となりました。

 ただし1年生で甲子園を経験した180cmの大型ショートという事で、成長に期待もされました。しかし檜村選手の名前は、その後、あまり聞かれなくなります。状態が良くなく代打で出場することもありました。

 それでも2年生秋から4番に座ると、秋以降は練習試合も含めて43試合144打数で59安打、打率.410を記録しています。ホームランこそ無いものの35打点を挙げ、守備でも失策はわずか2つと堅実さをみせています。

 檜村選手は、元プロスカウトの目にどのように映るのでしょうか?

 

元プロスカウトの評価

 元西武スカウトの日野氏に、下の映像を見てもらいました。

 

Youtube 【木更津総合・檜村選手 4回裏 第2打席】 vs 川越東 2014年秋季関東大会 準々決勝 macclefin様

 

Youtube 木更津総合 シートノック 141027 kenanasq様

 

 ですが、「これだけでは評価をするための情報が少なくむずかしい。ただし、スイングや動きなどを見ると、それほど目を留める感じはしない」という事でした。

 スカウトは最初の打席だったり、試合前のシートノックで選手の目星をつけます。この映像のプレーでは、目星をつける感じはしないという事でした。

 大阪桐蔭の福田選手は175cmですが、日野氏は「大きい選手は注目する」と話しました。ですが、180cmの檜村選手は目立たなかったようです。遊撃手も含め、身体の大きな選手は注目を集めます。大型遊撃手とくればなおさら追いかけたくなります。ですが、それは身長という事ではなさそうです。

 打席、ポジションでの姿勢や動き、これによって身長が小さな選手も大きく見える事が多々あります。これは選手の状態によっても、以前大きく見えた選手が小さく見えた、という事もあります。

 1年生夏の甲子園に登場した檜村選手は、エラーなどもしましたが、非常に目立つ選手だったと思います。果たしてセンバツでは、檜村選手の打席での姿や、守備の姿が大きくみえるでしょうか?そして、それによりスカウトの目を惹く事ができるでしょうか?

 注目したいと思います。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑