*

【センバツ注目選手】遊撃手編~その2~ 大阪桐蔭・福田光輝選手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 センバツ注目選手・遊撃手編、その2は大阪桐蔭の福田光輝選手です。福田選手は昨年夏の甲子園でも遊撃手のレギュラーとして出場し、見事優勝を果たしています。守備の力を評価されている選手について、元西武スカウトの日野茂氏に見てもらいました。

夏優勝メンバー、秋も2本塁打

 福田光輝選手は175cm70kgの右投げ右打ちの遊撃手で、1年生の夏に大阪桐蔭のショートのレギュラーを取り、2年生の夏の甲子園では全国制覇を経験したという実績だけでも、ただ者ではない選手です。

 また打撃でも成長を見せており、秋は18試合59打数で21安打で打率は.356、2本塁打に17打点と打点も多い選手です。

 センバツでも投打に活躍が期待される遊撃手として、注目したい選手です。

 

元プロスカウトの評価

 元西武スカウトの日野氏に見ていただいたのは以下の3つの映像です。最初はホームランを打った時の打撃、2つ目は昨年夏の甲子園のシートノックの模様、そして3つ目はファインプレーの映像です。

 

Youtube 大阪桐蔭 福田光輝・ホームラン(港戦/2013秋季大阪大会3回戦) eikanwakimini様 

 

 Youtube 大阪桐蔭 シートノック 【14夏甲子園】 140819  kenanasq様

 

 Youtube 大阪桐蔭 福田光輝 『ファインプレー!!』(PL学園戦/2014秋季大阪府大会・決勝) eikanwakimini様

 

 3つの映像を見た日野氏からは、「身長は175cmというが、打撃も守備もプレーが大きく見える。こういう選手は注目したくなる」と話しました。守備の評価については、映像だけでは難しいものがあります。ですが福田選手の動きをみて、「スカウトとしては今後も追いたくなる選手」のようです。

 また、ファインプレーの映像を見ると、体の右側の離れた所への打球です。福田選手はそれに追いつくと、すぐに投げるのではなく、一度踏ん張ってしっかりと送球し、ファーストでギリギリアウトにしています。

 このプレーについて日野氏は「どのタイミングで投げればいいのかを、きちんとわかっている選手」と評価しました。アマチュア野球の選手は、ショートの深い所の打球を捕った後、早く投げようとしてしまう選手が多いと言います。確かに早く投げる事は重要ですが、このプレーのように、一度しっかりと踏ん張って強い送球を投げている点が素晴らしい点です。

 確かにファーストはギリギリのプレーですが、早く投げて緩いボールでセーフになったり、逆に踏ん張ったりステップをして強い球を投げても間に合わなかったりという事がなく、きちんとアウトを取れています。そういう点で、「どんなタイミングで投げれば良いかを理解している」という事のようです。

 

 堅実な守備でチームを優勝に導いた福田選手、評価をするには、まだ情報が足りませんが、センバツでどんな守備を見せるのか、また、打撃でも目を見張るものがあれば、即プロの声も挙がってくるかもしれません。

 注目の遊撃手です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

Koushien

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

kyujyou1

公立高校の夏は激アツ!?

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

新芽

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

Koushien

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

fukuoka

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

→もっと見る

PAGE TOP ↑