*

日本では特殊!?大学生即戦力

公開日: : アマチュア野球

 日本では野球においては、大学生は「即戦力」と呼ばれる。しかし、私も含めて企業にビジネスマンとして入社する人は、即戦力というよりは新人研修からはじまり1年程度は育成される。先輩写真も新入社員を即戦力とは見ていない。

エリート

 なぜ野球では大学卒の選手が即戦力かというと、やはり中学、高校、そして大学と野球を続け、その中で進学するたびに古いにかけられ、大学の野球部で、しかも東京六大学や東都リーグでプレーしている選手は、全体から見てごく少数のエリートという事ができる。

 厳しい世界をすでに勝ち抜いてきた実績がある。そしてその選手もエリートとして、振る舞いも人格もできている選手が多い、高校生卒でプロ入りする選手もしっかりと話せる選手が多いように感じる。

 ビジネス界に進む大学生は、もちろん進学の際に受験で勝ち抜いていくのだが、例えば一部に入学した人はエリートと呼ばれる。しかし、そこからの戦いがあまり無く、就職活動でいろいろな思いをしたりする。筆者は慶応義塾大学で学生と会う機会もあるのだが、少なくとも3年生までは社会経験の場という感じがするし、エリートとしてのプライドもあまり無いように感じる。

 

1学年上を目指す

 プロ野球に入る選手は、小学生や中学生の時は別格で、小学4年生で6年生と練習をしたりと上の学年の先輩と戦っている。大学野球でも1年生が4年生からポジションを奪う。同学年で一番上だけを考えていたら、下の学年の選手にポジションを奪われる。

 就職活動はというと、ルールが決まっていて基本的に同学年との争いとなる。ビジネスを学ぶ大学生は、上の先輩と争うという機会はあまりない。会社に入ってからそういうことが起こる時代にはなっているが。

 

 同学年の中で優秀というだけでなく、学年が上の人と勝負をして勝ち抜いた選手は、やっぱり別格の力があると感じる。ビジネス界の流れでも、大学の飛び級だったり、もっとやることはたくさんあるように思える。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

508287p8i5842of

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む

IMG_6039

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

Jingu

明治神宮大会、今年の野球シーズンの締めくくり

 明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球連盟が主催している野球大会で、1970年に明治神宮鎮座5

記事を読む

jingu

明治神宮に集う、来年のドラフト注目候補たち

明日13日より、高校野球、大学野球の明治神宮大会が開幕する。高校生は既に3年生は引退しているため、1

記事を読む

sougankyou

今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義

記事を読む

野球塾指導2

学生野球資格回復の研修

昨年、日本野球機構と高校野球連盟など学生野球側は、元プロ野球選手が再び高校野球、大学野球などのアマチ

記事を読む

kyujyou3

ドラフト候補の勝負の季節

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に

記事を読む

STEPUP

球春到来、プロ野球、社会人野球、大学野球、そして高校野球

 プロ野球のオープン戦が2月21日の土曜日に5試合予定されている。それとは別に昨日は北海道日本ハムと

記事を読む

yakyu

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む

birthday

今年のドラフト候補、生まれた年は何があったのか

2016年の主なドラフト候補、大学生の候補は満22歳(1994年4月~1995年3月生まれ)、高校生

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑