*

自分のベストが決まる時

公開日: : プロ野球

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球選手では”ベストの体重”というものがある。これを見つけるまでには最低でも3年はかかるという話。

2年目のジンクス

 たとえば、大学生や社会人の選手がプロ野球の世界に飛び込む。そして1年間プレーをする。その時点で1軍で活躍できた選手は、2年目はどうするかというと、さらに体を強くしようと考えることが多い。そして、もし1年目で活躍できなかった選手も、当然、1軍で通用するための身体づくりに励む。

 そうして2年目、1年目で活躍した選手のうち、半数くらいは1年目よりも成績を伸ばせなかったりする。そして3年目に再び1年目の時の体重やスタイルに戻して再び結果をのこしたり、1年目の頃の状態を取り戻せずに、長い時間悩み続ける選手がいる。

 特にそういう選手が多いというわけではないと思うが、2年目も1年目と同じくらいの活躍を期待していた選手が成績を残せないと目立ってしまうため、2年目のジンクスと呼ばれることになる。

 

昨年で言えば

 昨年で言えば、横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手がそうだった。1年目は78kgで臨み、6勝を挙げた。ただし6勝では満足をしない。体のキレを増すため2年目のキャンプには5kg体重を落として臨んだ。

 しかし期待とは裏腹にオープン戦などで球の力が無く、開幕でも結果を残せずにシーズン終盤まで0勝となる。そして終盤に球威が戻り1勝を挙げると、その時の体重が1年目の体重と同じ78kgだったという。

 2年目だから研究されたという事もあるかもしれないが、同期入団のドラフト3位・井納翔一投手は1年目の5勝を上回る11勝を挙げてチームのエース格となっている。相手というよりは自分の調子の良し悪しの要素が強そうだ。

 

ベスト体重を見つけるのに

 プロ野球で数年間続けて活躍した選手は、自分のベスト体重を理解している。それは身体的な成長が止まり、経験や技術で勝負する段階に入った選手でもある。そうなるとケガでもしない限り長い間活躍を続けることができる。

 高校生からプロ入りした選手などは、まだ身長が伸びていたりと、身体の成長が続いており、まだベスト体重を決めることはできない。

 そして大学卒、社会人卒で体の成長がある程度止まった選手でも、1年だけの活躍だけではベスト体重かどうかは分からない。2年目にもっと活躍したら3年目、4年目とさらに自分のベストを目指す。2年目に失敗したら1年目に戻ったりする。そして3,4年でベスト体重の状態を見つけたら、プロ野球で成功したといわれる選手となる。

 

 野球は生身の人間が、例えば150km/h近い球を投げたり、その球を0コンマ数秒の単位で判断して打ち返したり、走塁、送球なども0コンマ何秒の世界で戦う、人間の限界の部分同士で戦うスポーツだから、少しの体重や状態で結果が変わる。のだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山選手などを中心に、かつての黄金

記事を読む

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

9人指名して6人が1軍昇格、東北楽天の2013年ドラフト

 東北楽天のドラフト4位ルーキー、古川侑利投手が1軍に昇格した。これで昨年、東北楽天が指名した9選手

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑