*

自分のベストが決まる時

公開日: : プロ野球

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球選手では”ベストの体重”というものがある。これを見つけるまでには最低でも3年はかかるという話。

2年目のジンクス

 たとえば、大学生や社会人の選手がプロ野球の世界に飛び込む。そして1年間プレーをする。その時点で1軍で活躍できた選手は、2年目はどうするかというと、さらに体を強くしようと考えることが多い。そして、もし1年目で活躍できなかった選手も、当然、1軍で通用するための身体づくりに励む。

 そうして2年目、1年目で活躍した選手のうち、半数くらいは1年目よりも成績を伸ばせなかったりする。そして3年目に再び1年目の時の体重やスタイルに戻して再び結果をのこしたり、1年目の頃の状態を取り戻せずに、長い時間悩み続ける選手がいる。

 特にそういう選手が多いというわけではないと思うが、2年目も1年目と同じくらいの活躍を期待していた選手が成績を残せないと目立ってしまうため、2年目のジンクスと呼ばれることになる。

 

昨年で言えば

 昨年で言えば、横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手がそうだった。1年目は78kgで臨み、6勝を挙げた。ただし6勝では満足をしない。体のキレを増すため2年目のキャンプには5kg体重を落として臨んだ。

 しかし期待とは裏腹にオープン戦などで球の力が無く、開幕でも結果を残せずにシーズン終盤まで0勝となる。そして終盤に球威が戻り1勝を挙げると、その時の体重が1年目の体重と同じ78kgだったという。

 2年目だから研究されたという事もあるかもしれないが、同期入団のドラフト3位・井納翔一投手は1年目の5勝を上回る11勝を挙げてチームのエース格となっている。相手というよりは自分の調子の良し悪しの要素が強そうだ。

 

ベスト体重を見つけるのに

 プロ野球で数年間続けて活躍した選手は、自分のベスト体重を理解している。それは身体的な成長が止まり、経験や技術で勝負する段階に入った選手でもある。そうなるとケガでもしない限り長い間活躍を続けることができる。

 高校生からプロ入りした選手などは、まだ身長が伸びていたりと、身体の成長が続いており、まだベスト体重を決めることはできない。

 そして大学卒、社会人卒で体の成長がある程度止まった選手でも、1年だけの活躍だけではベスト体重かどうかは分からない。2年目にもっと活躍したら3年目、4年目とさらに自分のベストを目指す。2年目に失敗したら1年目に戻ったりする。そして3,4年でベスト体重の状態を見つけたら、プロ野球で成功したといわれる選手となる。

 

 野球は生身の人間が、例えば150km/h近い球を投げたり、その球を0コンマ数秒の単位で判断して打ち返したり、走塁、送球なども0コンマ何秒の世界で戦う、人間の限界の部分同士で戦うスポーツだから、少しの体重や状態で結果が変わる。のだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

挫折と栄光

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

石毛宏典

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

fukuoka

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

バッターボックス

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

石毛宏典

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

yokohama

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

新芽

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

kyujyou2

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑