*

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

公開日: : その他

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練習をする場面にもファンが訪れている。野球は準備のスポーツ、その準備の様子を見て今年の野球シーズンを占う楽しさがある。

キャンプもコンテンツに

 BS放送のJ-sportsやCS放送のGAORA、スカイ・A sports+、G+などで、プロ野球のキャンプの様子をほぼすべての練習を中継している。またニコニコ動画やインターネットのメディアでも生放送で中継されている。これだけ注目されているスポーツは見当たらない。

 練習試合やシート打撃などで実践的な練習もあれば、選手がひたすらノックを受けたり、ティーバッティングをしたり、投球練習をしている場面が流れている事もある。野球を見ない人から言わせれば「そんなの見て楽しいの?」というかもしれない。

 それでも、つい見てしまうのだ。

 

素振りひとつ、投球ひとつ、捕球ひとつに

 プロ野球選手でなくても、野球選手が素振りをしていたり、投球練習をしていると、ついつい見てしまう。長い間繰り返しているだけなのに。そしてそのスイングが鋭かったり、投球練習のストレートが低めにスバっと決まったりすると、思わずうれしくなる。

 野球ではバッティングセンターやストラックアウトのように、一つのプレーだけでひとつの遊びができる。もちろんサッカーでももリフティングやシュート、バスケでもシュートやドリブルなどで十分楽しめるのだが。

 これら一つ一つの遊びがつながってプレーになり試合になっていく。

 

準備のスポーツと予測の楽しみ

 また野球は準備のスポーツと言われる。他のスポーツも当然そうなのだが、野球の場合はその人がプレーする時間はほんの一瞬に過ぎない。

 バッティングなら打席に入って投手が投げ始める時から、守備なら打球が飛んできて捕球し送球するまで、投球の場合は1試合で多くても150球程度を、構えてから投げ終えるまで。そのプレーのために、まず打席の前、試合の前に準備をし、そしてシーズンの前に準備をする。その準備である程度結果を予測することもできたりする。

 ひいきのチームの戦力が去年よりもアップしているのか、期待の選手はきちんと仕上げてきているのか、今年も活躍できるのか、新人はどんな力を持っているのか。観客一人一人が選手の練習を見て、今年の活躍度合いを予測し、ひいてはチームのシーズンの状況を予測したりする。

 予測をして期待をすること、それが野球の魅力の一つなのだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

STEPUP

夢をかなえるという事

ドラフト会議が終わり、プロに進む夢をかなえた選手がいる。それ以前に既に大学進学や社会人への内定をもら

記事を読む

日本

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

石毛宏典

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む

STEPUP

野球の未来へ

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし202

記事を読む

gorin

2020だけを見ていていいのか?

2020年に東京オリンピックが開催する事が決まり、準備にも加速感が出てきている。しかし先日、東京オリ

記事を読む

日野さん

第1回プロ野球スカウト講座開催のお知らせ

 プロフェッショナルビューベースボールでは、元西武のスカウト・日野茂氏による第1回プロ野球スカウト講

記事を読む

yokohama

野球のW杯を開くには? ~その2~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

Yoshida

プロが使う、青いピッチングマシン

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシ

記事を読む

バッターボックス

羽生結弦選手のアクシデントと野球選手について

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ中国大会で、演技前に他の選手と衝突してけがをしながらも、本番

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑