*

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

公開日: : 少年野球指導

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッション性が良くなったりとどんどん変わっていく。そしてプレースタイルも時代を切り開く選手によって、ムーブメントが起こることがある。

右投げ左打ちの急増

 ここ数年間のアマチュア野球選手は、右投げ左打ちの選手が多く、逆にスカウトは右投げ右打ちの選手を欲しがるほどだった。

 これはイチロー選手や松井秀喜選手、青木宣親選手などが右投げ左打ちで、プロ野球やメジャーリーグで結果を残し、他にも福留孝介選手、阿部慎之助選手なども右投げ左打ちで活躍をしている事が影響しているとみられる。

 理論的には野球の場合、左打者のほうが一塁に近い事から、足の速い選手は内野安打の可能性が高くなる事、また日本人の場合は右投手が多い事から左打ちの方が個人にもよるが見やすい、打ちやすいという事が一般的に言われる。

 それによって、長打力などのパワーが無かったり、どうしても結果を残したい選手本人や、親が左打ちを薦めたりという事もあり、右投げ左打ちが急増した。しかし、松井選手、阿部選手などはスラッガーであり、若いところでは筒香嘉智選手や柳田悠岐選手なども右投げ左打ちのスラッガーで、足の速い選手が右投げ左打ちという事でも無いようだ。

 ゴルフではスイングで左利きの人が右で打つと、左手で引く力があるため成功する、なんていうアドバイスもあったりする(定かではありません)し、野球でも最近では押す方の手も力も改めて評価されているが、引く方の手が重要という意見は昔からある。

 

スカウトは右打ちの選手を

 ただし、プロ野球のスカウトは最近は右投げ右打ちの選手を探す傾向はある。昨年のドラフト会議では1位2位で指名された選手は6人、右投げ右打ちが3人(巨人1位・岡本和真、千葉ロッテ1位・中村奨吾、日本ハム2位・清水優心)、右投げ左打ちが3人(広島1位・野間峻祥、福岡ソフトバンク2位・栗原陵矢、オリックス2位・宗佑磨)で数字は同じだが、スカウトからは右投げ右打ちを探しているという事を聞く。

 野球は特徴を備えた選手が活躍する場のあるスポーツで、右打者というものも特徴の一つとなっている。左投手を相手に右打者をそろえたり、打線をジグザグにしたりする監督もいる。右打者という特徴も十分アピールポイントとなる。

 憧れの選手が作り出すムーブメントはあるが、自分をしっかりとみて特徴を際立たせていくことで、将来につながる事になるかもしれない。

 (記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾守備3

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

IMG_20150106_123228412_HDR

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

野球塾守備1

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

野球塾守備1

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

野球塾キャッチボール2

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

野球塾指導1

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

野球塾バッティング3

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑