*

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

公開日: : 侍ジャパン

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロー選手や松井選手などがアメリカの野球ファンを魅了するプレーを見せた。しかし、投手や外野手は続々と活躍していくのに対し、内野手は活躍できずに苦しんでいる。

鳥谷選手は獲得に至らず

 阪神の鳥谷選手が海外FAの資格を取得し、メジャー挑戦を表明したのは昨年秋だった。しかし、いくつか興味を示すチームはあったようだが、メジャー契約など鳥谷選手が希望する契約ではなかったようで、メジャー移籍とはならなかった。

 現在、メジャーリーグではレンジャーズのダルビッシュ有投手、ヤンキースの田中将大投手、マリナーズの岩隈久志投手などがエース格として評価され、上原浩治投手もリリーフエースとしての活躍を期待されている。また、外野手では青木選手が昨年はワールドシリーズまで戦う活躍を見せ、今年は昨年王者のジャイアンツと契約を結び、イチロー選手はマーリンズと契約を結んだ。

 一方、内野手でメジャー契約をしている選手はおらず、川崎宗則選手がブルージェイズとマイナー契約を結んでいる。

 内野手では井口資仁選手が2005年にホワイトソックスと契約し4年間で493試合に出場、打率.268を記録してワールドシリーズ制覇も経験すると、岩村明憲選手も2007年にデビルレイズと契約し4年間で408試合、打率.267を記録した。

 ここまではレギュラークラスとして活躍したといってよい。しかし、2010年には西岡剛選手がツインズと契約し期待されたものの、故障により2年間で71試合に出場にとどまった。また、中島裕之選手も2012年にアスレチックスと契約をしたものの、故障や打撃の不振もありメジャーリーグでの出場は0試合に終わった。

 日本のプロ野球では、ショートを守り打率3割も記録するなど代表する内野手だったが、活躍したとは言えない。これにより、日本人の内野手の獲得には、メジャーリーグも慎重になっており、10年間ショートを守り続け、3番打者として昨シーズンは打率.313を記録した鳥谷選手にも、メジャー契約を提示する球団は無かった。

 

侍ジャパン代表

 侍ジャパン代表の過去のWBCにおけるレギュラーメンバーを見てみる。

2006年

打順 ポジション  選手名 
1 イチロー
西岡剛 
福留孝介 
DH 松中信彦 
多村仁
岩村明憲 
小笠原道大
里崎智也 
川崎宗則 

 

2009年

打順 ポジション  選手名 
1 イチロー
中島裕之 
青木宣親 
城島健司 
小笠原道大 
内川聖一 
DH 稲葉篤紀
岩村明憲 
片岡易之

 

2013年

打順 ポジション  選手名 
1 鳥谷敬
DH 井端弘和
内川聖一 
阿部慎之助 
坂本勇人 
糸井嘉男 
中田翔
稲葉篤紀 
松田宣浩

 

 セカンド、ショートの選手のほかにも捕手が主軸を打つほど(2006年も里崎選手は6番を打ったりした)の打力があり、結果的に9番まで切れ目の無い打線となっていた。スモールベースボールでは、打者を進めて後ろの打者につないでいく特徴があり、打線に切れ目のない事は不可欠となる。

 2014年秋のメンバーを見ると、セカンド、ショートでは巨人の坂本勇人選手のほかに東京ヤクルトの山田哲人選手、広島の菊池亮介選手、福岡ソフトバンクの今宮健太選手などが選ばれてプレーを見せた。菊地選手、今宮選手は高い運動神経による守備が評価され、坂本選手、山田選手はチームの主軸クラスの打撃を期待される。

 このまま山田選手や坂本選手がセカンドやショートでプレーし続けて経験を積めば、時期WBCも有望だろう。ただし守備も含めてメジャーが欲しがる選手になるかどうかは、山田選手は体はそれほど大きくなく微妙かもしれない。

 捕手については特に厳しい。昨年は小林誠司選手、嶋基宏選手、伊藤光選手が選ばれたが、チームの主軸を打つような打撃は無い。侍ジャパンが次期大会で優勝を狙うには打てる捕手が必要といえる。

 

日本の使命

 球団によっては毎年結果を出すために実績のあるベテラン捕手を獲得し、打撃のある若手捕手を外野手などに転向させてしまう。遊撃手も守備力を重視して毎年のように外野手などに転向させ、ドラフト会議などで遊撃手を指名し続けているチームもある。

 一発長打のある選手も出てきてはいるが、やはり今後も侍ジャパンはスモールベースボールで戦っていく事になる。打線の切れ目が出ないようにするため、遊撃手、捕手で打てる選手を我慢強く育てることは、日本の使命といえる。 

関連記事

東京オリンピックまであと5年、野球の国際化も加速

 2015年を迎え、東京オリンピックまであと5年という事になった。東京オリンピックでの野球・ソフトボ

記事を読む

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

野球教室トレーニング

女子野球選手はワールドカップ4連覇を狙う!

 IBAF女子野球ワールドカップ大会が9月1日から宮崎県で行われる。この大会には、日本、アメリカ、カ

記事を読む

U18に見た野球の応援

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑