*

絶対に許されない、指導者の暴力行為

公開日: : 少年野球指導

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処分となった。この監督は2005年に今治西の監督となり春夏8度の甲子園出場をしていた。現在はセンバツ大会終了までの期間限定で監督から退いている。

指導者への処分

 前監督は熱血監督として知られ、2005年に今治西の監督となると春・夏合わせて8度の甲子園出場という実績がある。情熱がある半面、厳しい指導でも知られているが、昨年秋の四国大会準決勝で試合中に生徒に暴力行為を行い、選手たちがベンチで異変があった事を感じている模様がインターネットの動画で確認できる。

 これが問題となり高校野球連盟は前監督や今治西に対する処分を検討していたが、高校は監督をセンバツ終了後まで交代することを決め、高校野球連盟は、前監督に対して3か月の謹慎処分が決定した。

 チームへの処分は無くセンバツ出場が決定し、監督の謹慎期間も2月4日には終了するものの、内部規定によりセンバツで指揮を執る事はできない。

 

今治西

 今治西は体が大きかったり目立った選手は少ないものの、毎年のようにコントロールの良い投球術のある投手と、守備がしっかりしたチームで甲子園に出場してくる。練習量や厳しい指導によるものだろう。

 ただし、今の時代、どんな理由であれ生徒に暴力行為をすることは許されない。

 報道では「気合いを入れてください」と言って監督が平手で顔を3発叩いたというが、こういう事はあまり信用できないし、そんなことは関係ない。生徒はこれからも試合に使ってもらいたいし、周囲からもいろいろなプレッシャーを受けるだろうから、聞かれても本当の事は口にできにくい。

 そこまで考えた上で、指導者はどんな事があっても暴力行為はしてはいけない。大阪の桜宮高校でバスケットボール部の主将が、監督の暴力行為によって自殺をしてしまった。そんなことが起きてからでは取り返しがつかない。

 センバツ大会終了後には再び監督に戻るとみられる前監督、今後、どんな指導をしていくのか注目したい。また今治西の選手はセンバツで思い切り力を出して戦ってほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑