*

オリックスの2015年のチーム構成

公開日: : プロ野球

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今年はどんな戦いぶりになるのでしょうか?

選手の構成

支配下登録66人
投手 32人 野手 35人
  戦力 控え 将来・その他   戦力 控え 将来・その他
先発
16
金子
西
ディクソン
松葉
東明
吉田 
山崎福
井川
中山
バリントン
佐野
高木伴
齋藤綱
森本
前田
鈴木優
 
ポジション
(ポジション
番号順) 
伊藤・山崎勝
ブランコ
平野恵、原拓
ヘルマン、小谷野
安達、中島
T-岡田、坂口
中村、駿太
糸井 、谷
齋藤

岩崎
山本
縞田
竹原
鉄平
川端
伏見、若月、田中
奥浪
堤、西野
小島、丸毛

宮崎
武田
小田、吉田
リリーフ
15
 
佐藤達
比嘉
マエストリ
平野
岸田
馬原
海田
小松
大山
坂寄
榊原
白仁田
戸田
古川
柴田
塚原 
合計 12 9 11    15 7 13

 

投手

 先発はFA宣言をしたものの金子投手が残留、エースが残った。手術をするなどやや不安な面もあるが、安泰といえる。西投手も昨年終盤は息切れしたが力があり、ディクソン、松葉、東明、吉田と先発陣は充実している。それに加え、バリントン、ドラフトで左腕の山崎福也投手と7番手、8番手までそろえている。

 リリーフも佐藤、比嘉に馬原、平野、マエストリと豊富、左のポイントで使える投手もおり期待される。

 全体的に弱点も補強され、昨年よりも充実している。

 

野手

 ペーニャ選手がぬけたがブランコ選手を補強、さらに小谷野選手、中島選手といったベテランを獲得し、そうは厚くなった。捕手も昨シーズンに伊藤、山崎の二人に実践を積ませて成長している。

 外野手は糸井、T岡田といった選手が良いが、もう一人ポイントとなる選手が欲しいところ。終盤に活躍を見せた駿太選手の成長に期待したい。

 

将来

 昨年は主に高校生野手を、今年は主に高校生投手をドラフトで指名した。園部選手が故障で育成契約になってしまったのは残念だが、捕手・若月、一塁・奥浪、遊撃・宗、中堅・武田といった将来のレギュラー選手の顔も見えてきている。

 投手の若手が少なくなっており、今年はドラフト上位で高校生投手の指名が考えられそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑