*

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

公開日: : 注目選手

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝チームの2チームが順当に出場を決めたのですが、惜しくもベスト4で敗れたチームに日大三島高校があります。チームのエース・小澤怜史投手もプロ注目の投手の一人です。

小澤怜史投手とは?

 日大三島では昨年夏、小澤怜史投手の1つ上の兄・小澤拓馬選手がエースとして活躍をしていました。拓馬投手がエースとして好投を続け、拓馬投手よりも身長も高く打撃に力のあった怜史選手はライトとして出場し、5番バッターを任されていました。

 準々決勝の東海大翔洋戦では8回までを拓馬投手が投げて6安打3失点に抑えると、9回には怜史投手がマウンドに登り、1回を三者三振に抑えて見せています。惜しくも準決勝で掛川西に0-4で敗れますが、静岡大会ベスト4まで兄弟の力で勝ち上がりました。

 そして拓馬選手が卒業すると、球速も兄以上と言われた怜史投手がエースとなります。秋季東海大会では背番号1を背負い、海星戦、岐阜総合戦で完投しますが、準決勝の静岡戦で12点を失い16安打自責点10で8回コールドで敗れます。海星戦でも5失点するなど、成績としては悔しいものとなりました。

 しかし、球速は最速で148キロを記録するとプロのスカウトも注目をし、阪神などはドラフト候補として名前を挙げています。小澤投手は今年秋のドラフト会議で指名される選手なのでしょうか。

 

元プロスカウトの評価

 元プロスカウトの日野茂氏に小澤投手の秋のピッチングを見てもらいました。見させていただいた映像は以下のものです。

2015年ドラフト候補 小澤怜史投手(日大三島)の投球 ~2年秋~ Youtubeより

 

 まず、映像を見た時に、同時に今年の注目投手でもある県岐阜商の152キロ右腕・高橋純平投手も見てもらっていましたが、日野氏は小澤投手を見ると、

 「こっちの方が良いところがある」とつぶやきました。

 「フォームを見たところ、こういう投手はコントロールは悪くない。球に力もある」と評価します。昨年までは外野手をしており、投手としての経験は少ないと思いますが、がっしりとした下半身があり、投げ方もいわゆる「野手投げ」のような感じでもありません。

 強い下半身を使ってゆっくりと振りかぶり、やや高めですが伸びるストレートを投げ込みます。

 

 これから投手としての経験を積んでゆき、課題を見つけては克服していくようになれば、秋ごろには高橋純平投手と合わせて注目される投手となるかもしれません。岐阜の高橋、静岡の小澤、今年の高校野球を見るうえで、注目したい二人の投手です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

mound

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

日野さん

プロ注目、センバツでも注目されそうな県岐阜商・高橋純平投手を評価する

 高校野球では1月23日に今年のセンバツ大会出場チームが発表される。東海大会で準優勝した県岐阜商も出

記事を読む

Koushien

センバツ注目投手、仙台育英・佐藤世那投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ大会で、今のところ優勝候補の筆頭に挙げられるのは、秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英

記事を読む

石毛宏典

大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季を迎える。メジャーでも二刀流に

記事を読む

IMG_6039

第86回選抜高校野球大会の注目の投手、佐野日大・田嶋大樹投手に注目

  いよいよ明日、3月21日より第86回選抜高校野球大会が開幕する。今大会にも大勢の

記事を読む

jingu

ドラフトで指名された選手に対する、元プロスカウトの評価を振り返る

 10月23日にドラフト会議が終わり、104人のプロ野球選手(候補)が誕生しました。これから契約をし

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

野球塾バッティング2

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑