*

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

公開日: : プロ野球

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイアンツの2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみる。

選手の構成

支配下登録66人
投手 31人 野手 35人
  戦力 控え 将来・その他   戦力 控え 将来・その他
先発
16
内海
大竹
菅野
杉内
小山

高木京
マイコラス
ポレダ
今村
江柄子 

阿南
田中大
平良
田中麗
松本竜
須永 
ポジション
(ポジション
番号順) 
小林・相川
阿部・セペダ
片岡・井端
村田・中井
坂本・寺内
アンダーソン・金城
松本哲・橋本
長野・亀井  
實松

藤村


大田
堂上
高橋
加藤・河野・鬼屋敷
坂口・岡本
大累・吉川
和田
古澤
矢野・隠善
立岡
横川
リリーフ
15
 

山口
西村
マシソン
澤村
青木
久保 

戸根
高木勇
笠原
香月
田原 
公文
土田
福田
メンドーサ
合計 12 12 10    16 6 13

 

投手

 先発投手はFAやドラフトなどで実績のある選手の加入は無く、外国人投手2人を獲得したものの昨年の戦力で戦う事となりそうだ。先発投手陣は実績も力も十分の戦力がそろうが、控え投手陣の頭数が少ないようにもみえる。主力の故障や外国人次第ではローテーションを組むのに苦労するかもしれない。

 リリーフは昨年はやや疲れも見せた山口、西村、マシソンがいるがそこに澤村が加わる。ドラフトで獲得した戸根、高木勇の二人も1年目から活躍できそうで、昨年よりは使える投手が増えた。

 将来性では、平良投手や田中麗、田中太などの期待したいが、松本竜はそろそろ尻に火がついてきた。可能性ある選手はもう少し欲しい所だ。

 

野手

 昨年は阿部選手の打撃不振や長野選手のケガや不信で苦しんだ。しかし昨年から大きな上乗せは無く、今後、外国人選手の補強などの可能性が高い。阿部選手がファーストになったことで、8番、9番でチャンスを迎える時に、代打、そして捕手の交代といった戦い方が増える。控えの野手の活躍がカギになるかもしれない。

 金城選手や堂上選手を獲得したこともうなづける。

 外野手では故障が続く中で昨シーズン終盤戦には大田選手が活躍を見せた。アンダーソン、長野、大田で戦えれば面白いが、金城、堂上を獲得したことからも、控え野手の層の薄さを感じているようだ。

 内野手から和田選手の転向や、秋のドラフト会議では外野手の指名があるかもしれない。

 

将来

 投手、野手ともに戦力が固まっている。菅野、坂本と若い選手が引っ張っているが、それに続く若手選手が、投手、野手ともに欲しい。主軸では辻選手、岡本和真選手に期待したい。辻選手は主軸を打てる内野手として、岡本選手は4番を任せたい。

 長野選手が欠ける時の1番や3番を打てる選手が必要で、和田選手の成長、あるいはドラフト会議で新戦力の獲得が必要だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

sendai

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

石毛宏典

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

yamazaki,_at_Yokohama_Stadium

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

a1180_001266

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

新芽

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

QVC

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

notes

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑