*

野球選手はいつ休むのか

公開日: : プロ野球

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという選手もいる。野球選手にとって休みとは?

休ませない方針

 中日の落合GMはあるテレビ番組で、監督時代に2月1日から紅白戦を行った事について、「初日から紅白戦をやると言っておけば、選手はオフも休まない・休ませないためにやっている」という話をしていた。

 プロ野球選手にとって、10月から11月に野球シーズンは終わる。そして11月から12月はシーズンオフとなる。ただし秋季キャンプに参加したり、海外のウインターリーグに参加したりもしている。そして12月も年末に差し掛かる頃も、ジムに通ったり、走り込みをしたりとトレーニングをしている。

 スポーツ選手ならば当たり前のことなのだが、シーズンオフは休みの期間ではないのが一般的のようだ。

 

休むのはいつか

 むしろ、シーズンオフは来年に向けて体を作る期間であり、シーズン中にできない体を鍛えたり、弱い部分を強くしたりといったことを行う。春のキャンプではそれらが出来上がった状態で、野球のプレーができるように調整していく事になる。また、3月から10月までにシーズンで体重が大きく減ってしまう選手もいる。その体力をこのオフに付ける必要がある。

 ではプロ野球選手の休みはいつなのだろう。やはりシーズン中という事になる。シーズン中は次の機会に力を出し切るために疲れを取る必要がある。もちろんトレーニングも継続するが、シーズンオフよりもシーズン中の休日のほうがゆっくり休める選手もいるようだ。

 しかし実際にはシーズン中も成長しようと必死にトレーニングをしている。心からゆっくり休めるのは、現役を引退した後かもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイア

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑