*

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

公開日: : スカウト活動

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球団が北海道日本ハムだったのだと思う。プロ野球スカウトの面白さについて、昔と今を比べてみる。

 根本陸夫時代の西武

 日野茂氏は球界の寝業師と呼ばれた根本陸男氏が、西武で敏腕をふるっているときにスカウトをしていた。根本氏には振り回されたようだが、スカウトについては「今よりも面白かった」と話す。

 ドラフト関係で行くと、1980年、ドラフト1位で石毛宏典選手を指名したが、その他にドラフト外で秋山幸二選手を獲得している。また翌年には伊東勤選手を熊本工業から所沢高校へ転向させて球団職員とした上でドラフト1位指名で獲得、そして6位ではケガ他球団が避け始める中で工藤公康投手をドラフト6位で指名し獲得した。

 当時のドラフト制度を利用し、西武系列のプリンスホテルなどの社会人チーム入りをに匂わせて獲得したりと様々な手法を使った。ただし、多くの選手は、能力を正しく評価した上でドラフト会議で獲得し、1983年にはドラフト1位で渡辺久信投手を、2位で辻発彦選手を、1984年では田辺徳雄選手をドラフト2位で、その後もドラフト1位で清原和博選手、渡辺智男投手、潮崎哲也投手などを獲得した。

 日野氏は根本氏の選手を見る目について「評価基準のハードルが高い人だった」と話す。人を見る目も一流だった。西武は1982年、83年、85年、86年、87年、88年、90年、91年、92年、93年、94年、97年、98年、でリーグ制覇し、日本シリーズでも3連覇を2度果たすなど1980年代、1990年代の盟主となった。

 

当時のスカウトの面白さ

 日野氏は当時のスカウト活動について、「ドラフト外があった」こと、また「プロ志望届が無く、何が起こるかわからなかった」事がスカウトの面白さだったと話す。

 選手との交渉で逆指名こそしないものの、大学や社会人入りを選手に言わせて単独で指名したりという事は良く行われていた。また、これぞと思った選手を他球団に察知されないように視察をしたりして獲得する醍醐味があったと話す。

 また根本氏の西武では「スカウトの裁量権が大きかった」と話す。ドラフト前となり交渉が解禁されると有力選手には多くの球団が交渉に伺う。その中で巨人も含めて他球団は金額の交渉になると「会社に持ち帰って相談する」となった。しかし西武はその場でスカウトの裁量で獲得を決められたという。

 戦力を均衡させる、また新人選手への契約金の高騰を抑えるという意味で実施されていたドラフト会議において、金銭に余裕のある西武のスカウト活動は意義に反している。しかし、当時の制度の中でできることをやり、西武は球界の盟主となった。

 日野氏は「今後、このような球団は出てこないだろう」と話す。

つづく

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

kyujyou3

スカウト会議で話し合われる内容は?

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に

記事を読む

日野さん

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

batter

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

a1180_000929

元プロ野球スカウトが語る、スカウトの資質とは?

 西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に、スカウトの資質について聞いた。スカウトには何が必要な

記事を読む

onaka

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

kousyou

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

a1180_000929

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む

kousyou

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む

kyujyou2

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑