*

「伸びしろ」とは?

公開日: : 少年野球指導

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。この「伸びしろ」の正体はなんなのだろう?元プロ野球スカウトの日野茂氏と元大洋ホエールズ・西武ライオンズの清水宏悦氏の話を聞いた。

伸びしろがある選手

 たとえば二人の選手がいる。Aという選手は守備、打撃の技術もあり、どんなプレーでも器用にこなす。プレーの完成度は他の選手より頭一つ抜けている。チームの求める戦略にも対応でき、レギュラーとして欠かせない選手だ。

 Bという選手は、バッティングをやらせるとトスバッティングでも空振りをするくらいの粗さが、あたった打球はチーム随一の飛距離。また守備練習でもミスは多い。ただし送球だけは頭一つ抜けて速い。

 プロのスカウトが見たとき、A選手もB選手も目に留まるが、だいたいの場合、B選手の評価には「伸びしろがある」とコメントがつけられる。このように当たったら飛ぶ、投げさせるだけなら速い球を投げる選手を「伸びしろがある」と評価するのだろうか?

 答えはNOだった。

 

100%を出そうとしているか

 日野氏はいう。Aという選手も、もちろんプロ野球に近い選手と言える。ただしAという選手が練習や試合のプレーで100%のスイングをしているか、100%全力の守備や送球をしているかどうかが評価のポイントになる。

 逆にBという選手がこの100%の力のフルスイングや速い送球を継続して出来ているのならば、その選手を「伸びしろがある」と評価するとのことだ。

 

環境によって

 この100%でプレーするという事が、できそうでできないようだ。ZEROベースボールアカデミーで小学生、中学生教える、清水氏は、「最近の子は全力でプレーするのが恥ずかしいと感じる所がある」と話す。そして「走らせても1番になろうとしない」という。

 またA選手のようなタイプは、頭の良いタイプの選手が多く、「このくらいの力でやれば良い」という事がわかっているので、なかなか100%の力を見せない。清水氏は「そういう選手も、時々100%の力のものすごい力を見せる。だけどそれを続けない」と話す。

 これは所属している野球チームの方針にも関わってくる。小学生、中学生の大会もトーナメント戦が多く、必勝の戦術が必要となる。そのためには、ランナーをサードに進めて足を使って1点というようなプレーが求められ、逆方向へのヒットや送りバントなどの能力が、100%のフルスイングによるホームランよりも重宝される。

 

 なかなか見せる事のできない100%の力だが、プロのスカウトやコーチはその力を見ようとしている。そのことは選手も知っておく必要がある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

野球塾キャッチボール1

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

野球塾バッティング5

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

野球塾キャッチボール2

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

野球塾指導1

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

sendai

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

野球塾守備1

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

野球塾守備1

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

kyujyou3

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

野球塾指導2jpg

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑