*

鳥谷選手が抜ける意味

公開日: : プロ野球

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年、遊撃手というチームの屋台骨となるポジションを、1年間フル出場して守り通し、しかも3番打者として四球で出塁したり、勝負強い打撃を見せて阪神を支えてきた。この鳥谷選手がメジャーリーグでプレーすることを希望し、移籍の交渉を進めている。これは阪神にとって大きな穴だが、逆にチャンスにもなりえる。

鳥谷敬という選手

 鳥谷敬選手は1981年6月26日生まれの33歳、2003年にドラフトの目玉として各球団が獲得を狙い、阪神が自由獲得枠で獲得をした。2年目の2005年に146試合フル出場すると、2014年まで10年間をフル試合に出場し、打率3割を3度マークすると、2011年から2013年までリーグで最多となる四球を獲得した。

 遊撃手としてフルシーズンを守ることだけでも大変な事だが、打撃でも阪神が故障などで戦力が欠けてもチームの順位を落とさなかったのは鳥谷という柱がいたからだろう。そういう意味では遊撃手という守備の穴、そして3番打者という打線での穴は非常に大きい。このような選手はなかなか現れないだろう。

 

穴を埋める選手

 ただし鳥谷選手も33歳となっている。あと5年はレギュラーとして守れるだろうが、いずれ交代の時が来る。レギュラーが固定されていると、控える選手が試合に出場できず、経験の面、モチベーションの面で成長はしづらく、遊撃手として獲得した選手も他の内野のポジションや外野手に転向していく。

 中日の荒木選手、井端選手も12球団屈指の内野で中日ドラゴンズを何度も優勝させたが、中日は現在世代交代期に入り、井端選手は巨人へ移籍すると遊撃手として期待の高橋周平選手が出場したりしている。

 若手の成長にはミスなどある程度のリスクは覚悟しなければならない。チームもやや成績を落とす事になるかもしれない。それでも我慢して成長したとき、また長い年数を守ってくれる選手になってくれることだろう。

 さらにポジションに穴が開くと、そこのポジションを目指していた選手のモチベーションが一気に上がり、急成長を見せる選手も出てくる。また複数人が競う事で何人も成長する選手が出るケースもある。競争原理と選手の活性化が促される。

 

わざと穴を作るケースも

 停滞気味のチームでは、新しく就任した指導者が、わざとレギュラーのポジションを大胆にコンバートしたりして活性化を測ったりする。落合監督が、荒木、井端のポジションを変更したり、大矢監督の横浜ベイスターズ時代に進藤選手、石井選手をコンバートした。

 鳥谷選手ももしかするとあと数年以内にセカンドやサードにコンバートして、北條史也選手を抜擢する必要があったかもしれない。やや急ぎにはなったが、その時が来たのだろう。

 ただし鳥谷選手の場合、守備とともに打線の穴も大きい。北條選手に二つを期待するのは難しく、3番の役割を担う選手は別に必要となる。鳥谷選手の穴は二人で埋める事になりそうだ。ゴメス選手、マートン選手の両外国人と福留選手のベテランの前に誰が入ってくるのか、目の色を変えて奪いに来る選手が出てくるのが楽しみだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

a0001_009104

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

QVC

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

draft_box

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

kousyou

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

mlb

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

石毛宏典

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

kyujyou2

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

STEPUP

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑