*

東京オリンピック、野球の実施の課題~その2~

公開日: : 野球の制度

 さっそくMLBの競技運営の最高責任者であるジョー・トーリ氏が、リーグ戦の真っ只中の時期に、オリンピックへのMLB選手の派遣は難しいというようなコメントをしています。昨日に続き、東京オリンピックで野球競技を実施する時の課題について書いてみたいと思います。

7イニング制

 野球の時間の短縮のために国際野球連盟などにより検討されているものですが、オリンピック委員会に屈するような形で、アメリカの野球ファンのプライドに触る事になるでしょう。

 日本でも柔道が国際機関の元でさまざまなルール変更が行われ、いまや柔道は日本の手から離れ、JUDOという違うスポーツになったという意見もありますが、このように野球も国際機関によって都合のよいようにルール変更をされることに対し、アメリカは納得はしないでしょう。

 MLB選手の出場はもちろん、7イニング制だったらアメリカやアメリカ圏の辞退の可能性も捨てきれません。

 

 では7イニング制になると何が変わるのかというと、意外と大きく変わる可能性があります。

 先発が5回から7回まで、8回と9回に1イニングずつリリーフというものは無くなります。例えば今は9イニングを考えて、先発、リリーフなどの役割分担を考えますが、極端に先発を重視してそろえたり、または2イニングずつを4人くらいで継投する形になるかもしれません。

 また打線についても、単純に3人ずつでいくと、6回までに2順します。これまではそこから3イニングがあり、好投している先発も疲れてくるため、得点のチャンスになったのでしょうが、7イニング制ならば3巡目のチャンスは1イニングしかありません。

 となると、特に短期決戦で相手がどんな投手か情報が少ない中で、相手投手のフォームや球をじっくり見る事もできないので、そうなると一発長打で得点を決める選手が有効になるかもしれません。

 1番から4番までを長打力のある選手にそれ以降の打順は守備の選手を置き、打順が回ったら長打力のある代打、という事になるかもしれません。

 このようにイニングを2つ短くするだけでも野球のスタイルが大きく変わる可能性があります。

 

監督と戦術

 このように国際野球のルールはタイブレークだったり7イニング制だったり変わってゆきます。そしてこれまでの野球とは違った考え方が必要になります。となるとこれまでの戦い方やデータでは計り知れない物となり、監督やコーチも当然経験は少ないでしょうから、どのようにその経験を積めばよいかという事になります。

 またこれは日本の課題ですが、侍ジャパンという組織を作り、代表に小久保監督を選びました。前回のWBCで、責任が重い監督を現役監督に要請したものの断られ続け、最終的に山本監督になった経緯があり、意気込みのある小久保氏を監督としました。

 昨年は台湾と、今年も日米野球で経験を積みましたが、経験を積むのは年間でも数試合となります。監督としての試合数の多い試合勘のある現役監督のほうが良いという意見もあれば、今後7イニング制やタイブレークを経験して戦い方を知っている監督のほうが良いという意見もでるでしょう。

 次回WBCはまでは小久保監督が務めますが、その後、どのようにしていくのかはまだ課題となりそうです。

つづく

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

nagoya

日本野球を開国させてくれたもの

 侍JAPANが動き出している。昨年には小久保裕紀氏が侍JAPANトップチームの監督に専任で就任する

記事を読む

nagoya

拡大する日本の野球、エリートコース以外の道

 ルートインBCリーグは来季より福島、埼玉に新球団が加わり8球団となる。また四国アイランドリーグpl

記事を読む

TV

変わりゆく野球中継、テレビ、ネット、そして・・・

 一昔前は、夏の夜にテレビがついているとすればプロ野球中継という事が多かったように思う。最近は地上波

記事を読む

earth-01

日本野球の国際化、外国人枠は必要か、国籍の紹介は必要か

 日本野球は間違いなく国際化している。と言ってもそれはプロ野球の話ではなく、高校野球やアマチュア野球

記事を読む

バッターボックス

頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しければ、女子だって楽しい。 名

記事を読む

yokohama

プロ野球の育成制度と人口減少社会

 6月22日、横浜DeNAの萬谷康平投手がプロ1勝を挙げた。これはただの1勝ではなく、育成選手選択会

記事を読む

IMG_6039

プロ野球ファーム組織は次を目指して

 プロ野球の育成選手制度は2005年から始まり今年で10年目を迎える。育成出身の選手が活躍をする一方

記事を読む

kyujyou3

高校野球卒業後、独立リーグなら1年でNPB入りも

 プロ野球(NPB)のドラフト会議の制度についての話。高校生の進路は、NPBに入るまで4年間が必要な

記事を読む

QVC

プロ野球選手の人数~70人枠で決まってくるもの~

 プロ野球にはドラフト会議で育成も含めて毎年80人前後の選手が指名され入団する。ちなみに2013年は

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑