*

12球団ジュニアトーナメントと侍ジャパン12U代表選手

公開日: : 少年野球指導

 12月28日から30日まで、福岡ヤフオクドームにて12球団ジュニアトーナメントが開催される。今年フィリピンで行われた12Uアジア選手権に出場した選手がどのチームにいるのか、注目選手などを挙げる。

侍ジャパン12U代表選手とジュニアトーナメント参加チーム

選手名 守備 所属チーム 体重 投打 ジュニアトーナメント参加チーム
嘉手苅浩太 投手 広畑コンドルズ 163cm63kg 右右 阪神タイガースジュニア
文珠玄基 投手 六会レッズ 155cm41kg 右右 -
荒木飛有馬 投手 大牟田イーグルス 158cm51kg 右右 福岡ソフトバンクホークスジュニア
小河原凱 投手 加須ドリーム 170cm72kg 右右 埼玉西武ライオンズジュニア
宇野竜一朗 投手 浦安ベイマリーンズ 170cm60kg 右両 読売ジャイアンツジュニア
岡本徹真 投手 丘の上トータス 173cm75kg 右右 -
山田将義 捕手 リトルジャイアンツ 163cm53kg 右左 読売ジャイアンツジュニア
柳舘憲吾 捕手 山友スターズ 152cm50kg 右左 -
荒木駿之介 内野手 根上学童野球クラブ 160cm45kg 右左 -
松井兼世 内野手 加須ドリーム 158cm49kg 右左 -
増田和希 内野手 熊取ベアーズ 162cm53kg 右右 オリックスバファローズジュニア
方伊儀直明 内野手 仲宿ファイターズ 162cm47kg 右右 東京ヤクルトスワローズジュニア
志村佳樹 内野手 大明見 143cm33kg 右右 -
岩本慎之介 外野手 和気軟式野球クラブ 156cm49kg 両左 -
大脇理雄 外野手 小山ファイターズ 162cm46kg 左左 読売ジャイアンツジュニア

 

 投手では12Uアジア大会の韓国戦で1安打完封をし、最優秀防御率などのタイトルを獲得した方伊儀直明投手(12U登録は内野手)がスワローズジュニアに参加している。

 また、大会で最多安打、最多打点に輝いた増田選手が、バファローズジュニアに参加をしている。

 遊撃手のベストナインと首位打者となった荒木選手、三塁手でベストナインとなった松井選手は、12球団ジュニアトーナメントには参加をしていないようだ。

 

プロ野球につながる

 昨年のドラフト会議では松井裕樹投手がジュニアトーナメントに出場しており、今年のドラフト会議でも、浅間大基選手や小野郁投手、高濱祐仁選手などが小学6年生の時にジュニアトーナメントに参加していた。

 近年ではジュニアトーナメントに参加した選手をスカウトするシニア、ボーイズといった中学生野球チームもあり、有力高校、大学へと進路がつながっていく可能性が高くなる。

 ジュニアトーナメントには12U代表選手以外にも多くの注目選手がいる。どんな活躍を見せ、どんな進路を歩むのだろうか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

zero12

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

野球塾守備1

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

20160412

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

野球塾指導1

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

野球塾キャッチボール2

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

野球塾守備1

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

野球塾キャッチボール1

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

新芽

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑