*

12球団ジュニアトーナメントと侍ジャパン12U代表選手

公開日: : 少年野球指導

 12月28日から30日まで、福岡ヤフオクドームにて12球団ジュニアトーナメントが開催される。今年フィリピンで行われた12Uアジア選手権に出場した選手がどのチームにいるのか、注目選手などを挙げる。

侍ジャパン12U代表選手とジュニアトーナメント参加チーム

選手名 守備 所属チーム 体重 投打 ジュニアトーナメント参加チーム
嘉手苅浩太 投手 広畑コンドルズ 163cm63kg 右右 阪神タイガースジュニア
文珠玄基 投手 六会レッズ 155cm41kg 右右
荒木飛有馬 投手 大牟田イーグルス 158cm51kg 右右 福岡ソフトバンクホークスジュニア
小河原凱 投手 加須ドリーム 170cm72kg 右右 埼玉西武ライオンズジュニア
宇野竜一朗 投手 浦安ベイマリーンズ 170cm60kg 右両 読売ジャイアンツジュニア
岡本徹真 投手 丘の上トータス 173cm75kg 右右
山田将義 捕手 リトルジャイアンツ 163cm53kg 右左 読売ジャイアンツジュニア
柳舘憲吾 捕手 山友スターズ 152cm50kg 右左
荒木駿之介 内野手 根上学童野球クラブ 160cm45kg 右左
松井兼世 内野手 加須ドリーム 158cm49kg 右左
増田和希 内野手 熊取ベアーズ 162cm53kg 右右 オリックスバファローズジュニア
方伊儀直明 内野手 仲宿ファイターズ 162cm47kg 右右 東京ヤクルトスワローズジュニア
志村佳樹 内野手 大明見 143cm33kg 右右
岩本慎之介 外野手 和気軟式野球クラブ 156cm49kg 両左
大脇理雄 外野手 小山ファイターズ 162cm46kg 左左 読売ジャイアンツジュニア

 

 投手では12Uアジア大会の韓国戦で1安打完封をし、最優秀防御率などのタイトルを獲得した方伊儀直明投手(12U登録は内野手)がスワローズジュニアに参加している。

 また、大会で最多安打、最多打点に輝いた増田選手が、バファローズジュニアに参加をしている。

 遊撃手のベストナインと首位打者となった荒木選手、三塁手でベストナインとなった松井選手は、12球団ジュニアトーナメントには参加をしていないようだ。

 

プロ野球につながる

 昨年のドラフト会議では松井裕樹投手がジュニアトーナメントに出場しており、今年のドラフト会議でも、浅間大基選手や小野郁投手、高濱祐仁選手などが小学6年生の時にジュニアトーナメントに参加していた。

 近年ではジュニアトーナメントに参加した選手をスカウトするシニア、ボーイズといった中学生野球チームもあり、有力高校、大学へと進路がつながっていく可能性が高くなる。

 ジュニアトーナメントには12U代表選手以外にも多くの注目選手がいる。どんな活躍を見せ、どんな進路を歩むのだろうか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑